OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Burdの受難 その2 「対戦相手」 

「しかしですなぁ・・・」

 

「貴女のような華奢でちみたんな女性に、私の相手が務まるとは到底思えんのですが・・・」

 

 

「その得物を見る限り、腕には覚えがあるようですが」

「キャプテン!彼女の尻を見つめながらニヤニヤするのはやめてください。ヤバイ人だと思われます」

「見とらんわ!!」

 

 

 

 

 

「もう一度確認しますが・・・」

 

「本当に私と勝負するつもりですかな? 言っておきますが、もう若くはないとはいえ私はBrumaのガード隊長を勤める者、インペリアルのガードにも引けを取らないと自負しております。それに、勝負が始まればいくら相手が女性とはいえ手加減は出来ませんが」

 

「構わん。ある事情で大金を失った、故に今は金が必要だ」

「それは難儀ですな」

「それと一つ、今回対戦する相手は私ではない。今から呼び出す」

「呼び出す? ほう、召還モンスターか何かでありますかな? 別に構いませんが、ゾンビやスケルトンに負けるほど私は落ちてはいませんよ」

「なんたってクマですからね」

「お前は黙ってろっ!!」

 

「では、その対戦相手をご披露願いますかな?」

「ああ」

 

 

 

 

 

 

「もきち・・・」

 

 

 

 

 


もきち10倍モード。100倍モードはこちら。

 

まだ続いちゃいます。

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2007.09.27 Thu. 08:53 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« Burdの受難 その3 「試合開始」
Burdの受難 その1 「挑戦者」 »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/71-47464735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。