OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

MODから特定の品のみ抜き出してMOD化する方法 

※「MODから特定の品のみ抜き出してMOD化する方法2010」を新たに書きました。
お好きな方法でどうぞ!

 

羽っこさんにはが生えていますが、この角は「A Beautiful Female Vampire Aliyah」という、TESSにUPされていたキャラクターデータに同封されていた「Vampirismless Vampires」というMODから抜き出したものです。

このVampirismless VampiresというMODにはどのような効果があるのかというと、
△ヴァンパイアのNPCの外見を通常と同じにする。
△キャラクターがヴァンパイア化した場合、外見が変わらないようにするアミュレットを追加する。
△羽と角を追加する(この羽というのは、以前紹介したMOD「Alexanders Wings」に入っている「Dragon Wings」、「Dragon Wings Down」と全く同じものです)。

こんな感じでしょうか。

当方は日記を書いている都合上、ヴァンパイアの顔が元に戻ってしまうと、聖域のあの人の顔も普通になってしまって迫力がなくなってしまうので、このMODは入れない方がいいと思ったのですが、でも角は欲しい!
ということで、今回はMODから特定のアイテムだけ抜き出してそれをMOD化する方法を書いてみようと思います。

 

※画像をクリックすると大きな画像を表示できます。

1.ESPファイルをを「Plugin File」で読み込む。
※作業中に「メッシュが見つからない!」等のエラーが頻発する場合は「6.メッシュ&テクスチャファイルの移動(コピー)。」の手順を先に行ってください。

まずはCSで「Vampirismless Vampires.esp」を展開します。
ここで注意なのが、通常MODを編集する場合は「Active File」としてESPファイルを読み込みますが、今回は「Plugin File」で読み込んでください
理由は後述します。

tuno_MOD_070.jpg

展開しようとすると「Active file winning」という表示が出ると思いますが、Yesを押してください(「アクティブファイルになってないけど良いですか?」みたいな事です)。

 

2.抜き出してMOD化したいアイテムを見つけ出す。

角はアミュレット属性の装備品なので「Object Window」のツリーの「Clothing」から探し出します。

「抜き出したいアイテムが何処にあるのか分からねーYO!」って方は、一度「Active File」でespで展開すると、そのMODによって編集・追加された部分には「*」マークが付いているので探しやすいです。
もしくは、一度MODを普通に導入し、ゲーム内でアイテム名や属性などを確認しておくとよいと思います。
また、下記の画像の位置をクリックすることで、ID名や、設定されたアイテム名でソートすることも出来るので、見やすいようにソートしてアイテムを見つけ出しましょう。

tuno_MOD_050.jpg 

今回抜き出したいアイテムは「Small Horns(ID:Ahornsa)」、「Medium Horns(ID:AAhornb)」、「Horns of the Beast(ID:AXivilaihorns)」の3つの角です。

 

3.抜き出したいアイテムのIDを変更し、新たなアイテムとして登録する。

抜き出したいアイテムを見つけたら、そのアイテムの上で右クリックした後、「Edit」を選択します。(もしくはダブルクリック)

するとこのような画面が開きます。

tuno_MOD_052.jpg 

画面が開いたら「ID」の欄の記述の一番先頭に、半角英数字の「A」を加えましょう。今回の場合は、「Ahornb」というID名を「AAhornb」というふうに変更します。変更したらOKを押してください。

tuno_MOD_053.jpg 

このような表示がされると思います。
「IDが変更されました。新しいIDとして登録しますか?」みたいなことを言っているのですが、ここでは「はい」を押してください。
「いいえ」にすると上書きされてしまいます。(今回の場合は上書きしても特に問題はありませんが…)

tuno_MOD_055.jpg 

これで、ID:AAhornbというアイテム(中身はAhornbと全く同じ角アイテム)が新たに追加されました。
ID名の横に「*」が付いていることを確認してください。
この行為にどのような意味があるのかというと、CSはSAVEを行う際には変更の加えられた箇所の情報のみを保存します
つまり、「*」マークの付いたもののみです。
今回はESPファイルをPlugin Fileとして読み込んでいるので、「*」マークはどこにも付いていなかったはずです。
その上でIDに変更を加え、新たなアイテムとして登録したことで、「*」マークが付きました。
つまり、この状態でSAVEすれば、変更を加えたAAhornbのみの情報が保存され、角のみのMODが出来上がるというわけです。
同じ手順で残りのアイテムにも変更を加えましょう。

tuno_MOD_056.jpg 

これで角3つが出来上がりました。
最初に「A」と入れたのは、IDでソートした場合に一番上に来るので変更した箇所が分かりやすいという意味もあります。
ここまで来たら、とりあえずセーブをしましょう。
セーブ画面が出ますので、名前をつけて保存します。(Active Fileで展開した場合は、その展開したespに上書きされるので、セーブ画面は出ません

今回は「TunoMOD」という名前を付けました。
これでとりあえず角のみ抜き出したMODが出来上がりました。

しかし、まだこれで終わりではありません。
今までの作業でアイテムの情報のみのMODは出来ましたが、どこにもそのアイテムを設置していないので、ゲーム内で手に入れることが出来ません。
なので、次はどこか適当な場所にアイテムを設置する作業をしましょう。

設置する方法は、以前の記事「CSを使って取れない装備を無理やり入手する方法」で解説していますが、あの記事では地面に直接アイテムを置いています。
今回の角は、どうやら地面に置くと拾えない仕様のようなので、別の方法でアイテムを設置する必要があります。
と言っても難しいことはありません。

ゲーム内にアイテムを設置する方法は色々あります。
■チェスト等に放り込んで、そのチェストを適当な場所に設置する。
■店で販売してもらう。
■敵に持たせて倒して奪う。
等。
今回はチェストに入れてそれを設置する方法で行きます。

 

4.新たなコンテナを作成し、アイテムをコンテナに放り込む。

Object Window」でWorld Objectから「Container」を選択してください。
ここにはチェストやサック等のアイテムを格納しておくオブジェクトが並んでいます。

tuno_MOD_058.jpg 

適当なコンテナを選択します。
今回は上のほうにあった「ID:AnvilBaeralornChest」というものを選びました。

tuno_MOD_060.jpg 

先ほどと同じように右クリック>Edit(もしくはダブルクリック)で編集画面を開きます。

tuno_MOD_061.jpg 

すでにこのコンテナの中には色々なアイテムが入っていますが、全て削除してしまいましょう。
チェスト内のアイテムを選択後、[Delete]キーで削除できます。

削除したら、先ほど追加したアイテムをドラック&ドロップで放り込みます。
そして、先ほどと同じようにIDを変更します。
今回は「AATunoChest」としました
Name欄は、ゲーム内で表示する名前です。
そのままだと「Chest」になってますが、変更したい人はしてください。

tuno_MOD_062.jpg 

OKを押すと、先ほどと同様に「IDが変更されました。新たなIDとして登録しますか?」という表示が出ます(英語で)。
今回は必ず「はい」を押してください。
何故かと言うと、今回選択したチェストはすでにゲーム内に配置されているものです。
それを上書きしてしまうと、すでに配置されているチェストも変更されてしまい、チェストの中身が変わるのは当然として、それ以外でも何かしらの不具合が起こりえます。
新たなIDとして登録すれば、それはゲーム内にはまだ存在していないものであり、一切影響を及ぼさないので安心です。

※右クリック>New で新しくコンテナを作ることも出来ますが、チェストのメッシュやテクスチャをいちいち設定するのが面倒なので、今回のように既存のものを変更して新たに登録、というやり方が早いです

tuno_MOD_063.jpg 

新たなチェストが出来上がりました。
あとは適当なセルにRender Windowから設置するだけです。

 

5.作成したコンテナを適当な場所に配置する。

場所はどこでもいいですが、前回と同じようにICの商業地区に設置しようと思います。
Cell View」からWorld space「ICMarketDistrict」を選択した後「ICMarketDistrict1」をダブルクリックしてください。

tuno_MOD_064.jpg 

Render Windowに画面が表示されます。

tuno_MOD_065.jpg 

チェストを置く位置をある程度定めましょう。

☆視点の移動方法☆
■[Space]キーを押しながらマウスを動かすことで視点の平行移動。(またはマウスホールの押しながらマウスを動かす)
■[V]キーを押しながらマウスを動かすことでズーム。(またはマウスホイールを回転させる)
■[シフト]キーを押しながらマウスを動かすことで視点の回転。(オブジェクトを選択している状態だと、そのオブジェクトを中心に回転します、便利)
■[C]キーを押すと、選択中のオブジェクトをズームアップ。
■[T]キーを押すと、選択中のオブジェクトを見下ろし視点で画面の中央に表示。

前回同様、この石像の前にチェストを置いてみましょう。

tuno_MOD_066.jpg 

Object Window」から先ほど作成したコンテナ「AATunoChest」をRender Windowにドラック&ドロップします。

tuno_MOD_067.jpg 

何やら小汚い宝箱が現れました。
外見が気に入らない人は、とりあえず別のコンテナをドラック&ドロップして気に入ったものが出てくるまで繰り返しましょう。
恐らく外見を確認する方法はこのやり方しかないと思います。(他に良いやり方がある場合は教えていただけると助かります)

気に入ったものが見つかったら、「4.新たなコンテナを作成し、アイテムをコンテナに放り込む。」に戻り、再びコンテナを作成してください。
先ほど作ったコンテナは、右クリック>Deleteで削除できます。(IDの横に「D」という文字が出ていれば、削除されたという意味です。)

コンテナが決まったら配置します。

☆オブジェクトの移動方法☆
■選択状態でマウス左ボタンを押しながら動かすことで平行移動。
■[Z]キー+マウス左ボタンを押しながら動かすことで垂直移動。
■[X]キー+マウス左ボタンを押しながら動かすことで水平移動。
■[F]キーを押すと選択中のオブジェクトを落とせる。

☆オブジェクトの回転☆
■マウス右ボタンを押しながら動かすことでZ軸での回転。
■[X]キー+マウス右ボタンを押しながら動かすことでX軸での回転。
■[Z]キー+マウス右ボタンを押しながら動かすことでY軸での回転。(これはややこしいので注意)

tuno_MOD_068.jpg 

このように設置できました。
これでセーブすれば、「Vampirismless Vampires」というMODから抜き出した角のみのMOD「TunoMOD.esp」の完成です。

ですが、実はまだ作業が残っています。

この角は当然ですが専用のメッシュ&テクスチャを使用しているので、それをOblivionフォルダ内のDataフォルダに移さなくては、折角装備してもきちんと表示されません。

 

6.メッシュ&テクスチャファイルの移動(コピー)。
※この作業は一番最初に行った方が良い場合もあります。

DLしてきたMODのフォルダから角のメッシュ&テクスチャを見つけてコピーしましょう。

アイテムの編集画面を開き赤枠の部分を見ると、このアイテムではどのようなファイルが参照されているのか分かります。
完全には表示されていないので、なんとか見える範囲で推測しましょうorz

それぞれ3つのアイテムを確認すると、「hornsa.nif」、「hornsb.nif」、「xivhorn.nif」のNIFファイルと、「hood.dds」というアイコン用のテクスチャーが使われていることが分かります。
このファイルを、DLしてきたMODのデータファイルと全く同じディレクトリ構造でOblivionフォルダに移す必要があります。

DLしてきたMODデータから、Data>meshes>characters>vampire>equipablestuff内にある「hornsa.nif」、「hornsb.nif」、「xivhorn.nif」と、Data>textures>menus>icons>Vampire内にある「hood.dds」をコピーして、Oblivionフォルダ内に同じディレクトリ構造でコピーします。

Oblivionフォルダを開きData>meshes>characters>vampire(存在しない場合は新たに作成してください)>equipablestuff(存在しない場合は…以下略)と開きます。
その中に「hornsa.nif」、「hornsb.nif」、「xivhorn.nif」の3つのファイルをコピーします。
同じように「hood.dds」もData>textures>menus>icons>Vampire(存在ry)内にコピーしてください。

これで全ての準備は完了です。
あとはMODを適用しゲーム内で確認するだけです。 

 

7.MODを適用し、ゲーム内で確認する。

さっそくゲームに入って確認してみましょう。

お、チェストはきちんと配置されていました。
中身を確認してみます。

中身も問題ありませんでした。
3つの角が入っていて、アイコンも表示されています。

では中身を全て手に入れて装備してみます(ドキワク)。

■Small Horns

■Medium Horns

■Horns of the Beast

全て正常に表示されましたo(・ー・)o

※TunoMOD.espと角のデータファイルを絡めてOMOD化しておくと、今後の導入・削除が楽チンです。

文字で説明すると長くなってしまうのですが、実際やってみると実に簡単です。
この方法がどんなところで役に立つかは不明ですが、覚えておいて損はない…はず(・▽・;)

またいずれ、役に立つのかどうか分からない微妙なCS弄りの記事を書こうと思います。
お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m



関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:Construction Set(CS)弄り

2007.08.26 Sun. 00:03 -edit- Trackback 0 / Comment 13

△page top

« 拠点開拓日誌 その1 「羽っこさん ボられる」
巨大対決 »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:64 ]

これはわかりやすい!
これだけ説明するのは大変だったでしょう><
記事UPおつです~。
箱の置き方とかもとても参考になりました!

URL | Miari #-

2007.08.26 10:20 * 編集 *

[ No:65 ]

コメントありがとう^^

説明するのはかなり大変ですね~><
どの程度掘り下げれば伝わるのかも分からないんで、今回は無駄に長くなってしまった^^;
Miariさんのブレンダーの記事とかもこのような苦労があったんですね(ノω`)

レンダーウィンドウの操作が何気に鬼門だったりするんですけど、慣れるとそうでもないんですよね(・▽・)

URL | lain@OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ #-

2007.08.26 12:39 * 編集 *

[ No:698 ]

はじめまして(^^)
oblivion新参者なのですが
CS弄りにも興味が湧きまして
コチラを参考にさせていただきました!!
画像つきの説明でとてもわかり易いですね
脳筋な私には非常に助かりました(>_<)
サイト休止中?とありましたがこれからも
コッソリ応援させていただきます☆
ありがとうございました(^^*)

URL | KK #-

2008.07.26 19:26 * 編集 *

[ No:702 ]>KKさん

コメントありがとうございます。
現在は諸事情で休止中ですが近々復活するかもしれませぬ^^;

うちの記事がお役に立てたようでよかったです^^

URL | lain #0MXaS1o.

2008.08.07 18:26 * 編集 *

[ No:1379 ]

MODから特定の品のみ抜き出してMOD化することができません。
装備すると100%CTDしてしまいます。
メッシュ&テクスチャファイルの移動(コピー)がうまく
できていないと思うので質問してみました。

手順5番までは理解できるのです。
ゲームの起動もできますし、チェストから特定の装備品のみ取り出すところまで
できました。

ただ手順の6番の説明で
>「hornsa.nif」「hornsb.nif」「xivhorn.nif」のNIFファイルと
>「hood.dds」というアイコン用のテクスチャーが使われていることが分かります。
>このファイルを、DLしてきたMODのデータファイルと
>全く同じディレクトリ構造でOblivionフォルダに移す必要があります。

ここの意味がよくわからないのです。
これを実践すると抜き出すための元modと同じフォルダ構造となるのでしょうか?
それともあえて競合させて、抜き出したmodと元modは両方有効にしないと、
抜き出したmodが無意味になるのでしょうか?

理解力に乏しく説明が下手で申し訳ございません。
作業中に「メッシュが見つからない!」等のエラーが頻発する
ことはありませんでした。






URL | カセット #AgYyBif2

2010.04.19 20:43 * 編集 *

[ No:1380 ]Re: タイトルなし

こんばんわ。
記事を読み返した見たのですが、ごちゃごちゃしていて分かりにくいですね;
書いたのが大分昔なので現在ではTES4Editなどでもっと楽にできるのですが、とりあえず質問について解答します。

この解説はたしか、元MODとは全く別のMODとして特定の装備品のみを抜き出したMODを新たに作り出すというものです(すいません、分かりにくくて…)。
なので、元MODは適用せずに、ここで作ったespと必要なファイルのみをOBフォルダに移動するというものなのですが、確かにややこしいですね。

簡単な方法としては、元MODを必要ファイルも含めて適用した後に、1~5までの手順を行って、出来上がったespを元のespに上書き、でもとりあえずはうまく行きます。

しかし、記事で使用したMODはヴァニラのデータを上書きするファイルが含まれていたため、元MODを適用してしまうと、装備品以外の部分でもいろいろと変更されてしまうので、それを防ぐために、元MODを適用せずespのみ改変したあとで必要ファイルだけ移動させると言う方法をとりました。

簡略化した手順を書くと、
1.改変したい「espファイル」のみdataフォルダに移動
2.記事の1~5の手順を行う。(この時点でまだテクスチャやメッシュファイルはOBフォルダ内に入っていないため、ゲーム内では表示されない、もしくはCTDします)。
3.必要なテクスチャ、メッシュをOBフォルダに移動
4.適用するespは新たに作ったespで、元MODのespは適用しない。

と言う感じです。

「全く同じディレクトリ構造でOblivionフォルダに移す」というのは、espを改変した時点で、装備品のテクスチャおよびメッシュのファイルパスをそのままにしているので、同じディレクトリ構造で移さなければファイルを呼び出せないためです。


>これを実践すると抜き出すための元modと同じフォルダ構造となるのでしょうか?

そうですね。
OBのオブジェクトは、CSでそれぞれファイルパスが指定されています。
なので、CSで設定されたファイルパスと同様のフォルダ構造にしなければファイルが呼び出せないのですが、今回作ったespは元espの装備品データのIDを変えただけのものなので、ファイルパスは元espで指定されたままとなっています。
なので、元MODと全く同じフォルダ構造でOBのdataフォルダ以下に移す必要があります。

元MODのdataフォルダ以下のフォルダをそのままOBのdataフォルダ内にコピーしてもいいのですが、不要なファイルが入り込みます。
競合しなければ別に問題ないのですが、今回は上記のようにヴァニラのデータを変更するファイルが含まれていたため、装備品に必要なファイルのみを個別に移動するという方法にしています。

もしどうしても分からなければ、他のツールを使ってもっと手軽にやる方法があるので、またコメントくださいませm(_ _;)m

URL | lain #0MXaS1o.

2010.04.19 21:59 * 編集 *

[ No:1381 ]丁寧なご説明ありがとうございます。

そもそも
http://www.tesnexus.com/downloads/file.php?id=25612
の防具だけを取り出したespを作りたいと思ったことが原因です。

ご存知かと思いますが、このmod(あえて名前は伏せますw)は
lainさんのおっしゃるとおり、まさに;
ヴァニラを改変するものらしいため、OOOなどと競合します。
そこで、ここのサイトを参考に「防具だけ取り出してやろう」と
挑戦しているところです。
 
本日中に挑戦し、結果を報告するつもりでしたが、
週末に挑戦することになりそうなため、
とりあえず礼だけ申し上げます。

URL | カセット #AgYyBif2

2010.04.20 23:16 * 編集 *

[ No:1382 ]

このMODはよく見かけますがまだ未導入です。
とりあえずDLして別の方法で装備だけ取り出してみましたが、何とかうまく行きました。
その方法を記事にしてみようと思っていますので、週末に間に合うかどうかはわかりませんが、よろしければ参考にしてください(まだ全然書いていませんが^^;

URL | lain #0MXaS1o.

2010.04.24 01:00 * 編集 *

[ No:1384 ]

防具の抜き出しのみ終わりましたが、
あまりの数の多さに驚いてます。
武器の抜き出しまで気力が持たない気がしますw

アイテム抜き出しについて
別の方法の解説に着手して頂けることは非常に嬉しく思いますが、
私は全く急いでいません。
私の事は気にせず
どうかlainさんの気が向いたときに更新してくださいm(_ _)m

URL | カセット #g.DNYEO6

2010.04.25 20:25 * 編集 *

[ No:1386 ]

>カセットさん

お疲れ様です~。
実際に自分でもやってみましたが、本当に数が多いですね^^;

別の方法ですが、記事アップしました。
いずれ書こうとは思っていたので、ちょうど良かったですw

URL | lain #0MXaS1o.

2010.04.26 21:11 * 編集 *

[ No:1578 ]管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2011.01.01 18:48 * 編集 *

[ No:1612 ]参考になりました

いつぞやは失礼しました^^;

今回この記事を見て素人なりにがんばってみました
ちょとやり方がズレてますが上手く動作しています
有り難うございましたm(_ _)m

事後報告になりますが、今回の件を記事にさせて頂きました
不都合があればご連絡下さい^^;

URL | ぷちだるま #HfMzn2gY

2011.01.25 13:53 * 編集 *

[ No:1613 ]Re: 参考になりました

>>ぷちだるまさん

いえいえ、全然かまいませんよーヾ(゚ω゚)ノ゛
この記事はちょっと分かりにくいので、修正したい部分もあるんですが
面倒で放置状態になってますm(_ _;)m
今だとTES4Editの方が簡単ですし^^;

記事にしていただいてありがとうございます~
不都合とか全然ないので大丈夫ですよw

URL | lain #0MXaS1o.

2011.01.25 19:38 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/46-809ad21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。