OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Messiah of the Darkness 第6話 ~啄木鳥~ 

「現在家主は留守だが、時期に帰ってくるだろう。
と言っても、まだ12歳の子供だがな」

 

「自己紹介くらいはしておこう。 俺の名はLeon(レオン)。
元々はこの村の住民ではないが、数年前から故あって両親不在の家主の保護者代わりとして一緒に暮らしている。
日記を読んだのなら多少は知っているだろう。
家主の父親は親の役目を放棄し行方知れず、母親は他でもない、お前たちの押収した日記の執筆者だ」

Leonと名乗る男に案内され入った先は、あの日記の持ち主の家だ。
家主の子供とは日記に登場した精神分裂病の幼子のことだろう。
だが、父親は別として母親も不在というのが少々気にかかる。

「お前の名は。 お前が何者にしても名前くらいはあるだろう」

相変わらず刺々しい物言いで男は詰め寄る。

「私の名はThanatos。 先に断っておくが、この名についての言及は無しだ。 名前以上の意味はない」

一瞬何かを言おうとした男が押し黙る。
先を見透かされたようで不服そうな表情を見せるが、面倒なやり取りは御免だ。
早めに釘を打っておく。

「それで――」

 

「何が聞きたい」

振り向きざまの男の問いかけに、一瞬言葉に迷う。
聞くべきことは色々あるが、考えがまとまっていない。
知っていることを適当に話してくれればこちらで勝手に整理するが、男も準備をしていたわけではない。
言うべきことが定まらず、質問に答える方が楽だという考えだろう。
押しかけたのがこちらである以上、やはりこちらが先導する必要がある。

「Dr.Lobectoとは何者だ」

この男が何処まで知っているかを計る意味でも、敢えて大まかに、それでいて単刀直入の質問をぶつけてみる。

「悪魔だよ」

正当な答えは返ってこない。
むしろ、回答として用意されていた雛形を読み上げるような、事務的で淡白な答えだ。

 

「私が欲しいのは正確な情報だ。 お前の感情によって歪曲した個人的意見では参考にはならない」

 

「そいつは失礼したな。 だが俺は人間だ。 どうしても感情というものがまとわり付く。 特に、俺のような激情家はな」

男は皮肉めいた笑みをこぼす。

「だが俺はそれが悪いとは思わない。 むしろ誇りに思っている。
なぜなら感情こそが人が人である証だからだ。
そうだろう?
どんなに美しい景色を見ても何の感慨も沸かず、どんなに愛情を注がれてもその愛を感じることもなく、明確な目的も意思も持たずにただ機械のように決められたルールの上での生活を繰り返す。
それが人間らしいと言えるのか?」

向き直った男の顔からは先ほどまでの笑みは消え、怒りと、そして憂いに満ちていた。

 

「お前はどうなんだ? よく言えば冷静と言えなくもないが、そのように感情を押し殺し、ただ任務遂行のために冷徹に振舞う。
調査員としては優秀なのかもしれないが、それでいいのか? そこに生きがいを見出せるのか?」

男は徐々にエスカレートし、質問の回答としては支離滅裂となっている。
確かに、本人も認めるように激情家だ。 

「何に対しての皮肉かは知らないが、その意味が理解しかねる」

相変わらずの私の態度に、男は不愉快そうに顔をしかめた。
男の言っていることは分かるが、私がこのような性格になったのも生きていくための術の一つ。
誇りとまでは思わないまでも、それが悪いとも思っていない。

「すまんな。 お前に当たるつもりはなかったんだが、奴のことを考えるとどうしてもな」

しばらく無言で私を見つめていた男だが、冷静さを取り戻し一息つく。

 

「奴は・・・、Lobectoは人間の心を奪うんだよ」

神妙な面持ちで男は呟いた。

「これは怒りによって捻じ曲げられた感情論ではなく、現実に俺が目にした光景だ。
理由は知らんが、奴は人の心を奪い廃人にする。
一部では人の魂を捕食していると言われている。 それが奴が悪魔と呼ばれる所以だ」

 

「詳細を聞きたい」

 

 

 

 

 

 

「昔、まだ若いころ、俺は冒険者だった。
毎日のように遺跡や洞窟を巡り、帰っては酒を飲み明かす、自由気ままな生活をしていた。

相棒もいた。 幼馴染で、俺の親友」

 

気性が荒く些細なことですぐに頭に血が上り、相手がオークの戦士だろうとお構いなしに掴み掛かる。
自ら喧嘩の輪に飛び込んでは大暴れし、Creatureの群がいれば全てを蹴散らすまで戦い続ける、無鉄砲で恐いもの知らずの特攻野郎。
とにかく、豪快な奴だった。

周りの連中はそんなあいつを能無しの暴れ者だと罵ったが、これくらいでなければ冒険者は勤まらないと鼻で笑っていたな。
そいつのおかげで命に関わるような危険な目にも幾度となく遭ったが、あいつを憎んだことはない。
むしろ仲間想いで気が良く、ピンチの時には必ず駆けつけてくれるあいつが、俺は好きだった。

そんな折、あいつが突然相談を持ちかけてきた。
悩みなどないようなやつだったから、面食らったのを覚えている。

 

「やはり、直したほうがいいと思うか?」

いつになく神妙な口ぶりだった。
何を、と問いかけると、あいつは正面に広がる景色を眺めながら、感慨に耽るように言った。

「俺の性格だ。 別に周りの奴らがなんと言おうと構わないが、唯一、お前に迷惑をかけていると思うと心苦しい。
俺と行動をしていれば、そのうちお前まで白い目で見られるようになるかもしれない」

返ってきたのは意外な言葉だった。
何もかもが豪快で、一暴れすれば次の瞬間には晴れ晴れとしているあいつだが、心の奥底ではそんな自らの性格に不満を持っていた。

「それに現実問題として、この先冒険を続けていればどんな危険なモンスターや罠が存在するか分からない以上、ある程度冷静な判断も求められるだろう。
今までは運よく切り抜けてきたが、これからもそううまくいくとは限らない。
となると、ネックになるのはやはり俺だ」

「ほう、随分と大人になったじゃないか」

「からかうなよ、俺は真面目に言ってるんだ」

口元は笑っていたが、あいつの目は本気だった。
だから俺は言ってやった。

「それがお前という男だ。 だからこそ俺はこうして一緒に冒険している。
それに俺はそんな危険な状況も冒険の醍醐味として楽しんでいる。 気にすることはない。
そもそも性格なんてそう簡単に変えられるものじゃないだろう」

「それがな、聞いた話だが、ほんの数時間で性格を改善させることができる医者がいるらしいんだよ」

奴の言葉に俺は目を丸くした。

「なんだそれは。 鎮静剤でも打つのか?」

「ははは、どうだかな」

正直、半信半疑だった。 あいつも同じ思いだっただろう。

 

「未だにタムリエルでは精神科という言葉はメジャーではないものの、それでも精神病や神経症といった心の病が認知され始め、それを治療するための専門医が僅かながら存在することは知っていた。
方法は主に問診によるカウンセリングで、病から立ち直ったという人たちの話も聞いたことはある。

だが奴の場合は病気ではなく、あくまでも人間性、性格だ。
性格とは個々の育った環境や周囲の影響、先天的傾向によって形成されていくもので、外部から意図的に変化させるというのはどうにも不自然な気がした。
もちろん、今後の生活環境において性格の変化は起こりえるし、長いスパンをかけて専門医によるカウンセリングを受ければ可能かもしれない。
だが僅か数時間の間に改善するなど、それこそ魔術の類でも使用しない限りは難しいだろう。
いや、むしろ不可能だと思っていた」

 

「その後、周りの連中にけしかけられたこともあり、あいつは勢いでその治療を受けることとなった。
俺は簡単に性格を変えられるはずもないと思っていたから、遠巻きにみているだけで特に引き止めることはしなかった。
それに治療といっても大げさなことではなく、カウンセリングによって考え方を変化させる、セルフコントロールの方法を説くなど、あくまでもきっかけを与えるだけにとどまると思っていたからだ。

だが――」

 

次にあいつに会ったときには既に、あいつではなくなっていた。

確かに攻撃的で血の気の多い性格は改善されていた。
だがそれだけではない。

精神的意欲は著しく激減し、活動性も失われ無気力となった。
日が経つにつれ空ろな目で虚空を見つめていることが多くなり、意味の分からない不思議な言葉をつぶやくこともあった。

 

 

「啄木鳥が・・・、啄木鳥がまた、俺の頭を掘りにきた・・・」

 

「コンコンコン・・・、コンコンコン・・・」

 

「啄木鳥・・・」

その言葉に私は、彫刻でも彫るかのように脳の一部が抉り出される場面を想像した。

「やがては動くことさえ困難となり、あいつは冒険者をやめた」

 

それからは故郷へ帰り真っ当な仕事に付く道を選んだが、何をやっても無理が効かず長続きしない。
一日の大半をベットで過ごし、夜になると延々と酒を飲み続ける。
そんなあいつを周りの連中は怠け者だと蔑んだ。

 

「だがそれは違う!
あいつ自身が一番苦しんでいたんだ・・・!!
思うように動いてくれない体と、何も感じない心に・・・!!

俺はあいつに、以前のように豪快に暴れまわっていた姿を取り戻して欲しいと願い、毎日のように外に連れ出し俺たち二人の冒険譚を話して聞かせた。
依然として反応はなかったが、それでも俺に出来ることはそれしかなかった。

そしてある日、久しくあいつは口を開いた」

 

「お前の話を聞いても、何も感じない」

 

「?!」

うつろな目と、淡白な口調であいつは言葉を続けた。

 

「俺には心がない。 心を、取り戻さなければ――」

後日、あいつは姿を消した。
俺は悟った、Lobectoを探しに行ったのだと。
後を追うように俺も村を離れたが、ついぞあいつの消息をつかむことは出来なかった。

 

「・・・」

男は深く瞳を閉じ、軽く深呼吸をする。
その様子は、叫びだしたいほどの悲しみと怒り、そして治療へと向かう親友を止めることが出来なかった自責の念を噛み締めているように見えた。
激情家である自らを誇りだという男、それは親友の心を奪ったDr.Lobectoへの当て付けでもあるのだろう。

「つまらん話をしたな。 俺の主観の域を出ない偏った情報ではお前の役には立たないかもしれんが、俺にとって奴は親友から大切なものを奪い去った悪魔。 それが奴の全てだ」

「目的は」

「さあな。 奴自身は治療だと言い張っているが、"治療"を施されて助かった人間はごく少数。 殆どは俺の親友と同じような状態にされている。
ただ考え方を変えれば、いかに重度の精神疾患であろうと 病の元である心を根底から奪い去ってしまえば"治った"と言える。 至極、合理的な方法だな」

皮肉の笑みで吐き捨てるように男は言う。
だが私はその前の言葉に違和感を覚えた。

「助かった人間がいるのか」

「ああ。 それでも幼児退行や情動障害など、人格水準が著しく低下している場合が多かったが、俺の知っている中でただ一人、正常な状態まで回復した者がいる」

 

「ただいま、Leon」

男が言葉を区切るのとほぼ同時に、まだ変声期を迎えていない子供の、少年とも少女とも取れる耳通りの良い声が戸口から響いた。

 

「お帰りだ。 精神分裂病を患いLobectoの手に掛かりながらも、正気を保っている少年――」

 

「Leon、いる――?!」

男に呼びかけながら現れた少年の顔が、恐怖に歪む。

 

「あ・・・あ・・・」

 

「・・・」

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2010.06.28 Mon. 06:32 -edit- Trackback 0 / Comment 8

△page top

« Messiah of the Darkness 第7話 ~交錯~
建物の表示がおかしい?! »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:1431 ]

お久しぶりです。
遅くなりましたが、先日は相互リンクまで頂いてしまって
ありがとうございましたm(_ _)m

相変わらずssが美麗ですね~。
色合いも物語に沿うように、とても素敵です(>_<)
少年かわいいっ♪

次回あたり、もう少しつっこんだ
物語の真相を聞くことが出来るでしょうか。
ますます続きが楽しみです。

URL | ベル #-

2010.06.28 09:21 * 編集 *

[ No:1432 ]>ベルさん

こんにちわー。
こちらこそリンクありがとうございます(>Д<;)

SSの色合いは荒廃的というか寂れた感じを目指してるんですが、難しい><
あと、今までSSが暗すぎて何も見えないという意見もあったので、極力見やすいようにしてるつもりですw

少年はがんばりました(;´Д`)
子供顔を作るのは難しいです;

>次回あたり、もう少しつっこんだ

そうしたいですねー。
書くことが多くてなかなかまとまらない・・・。
対話ばかりで動きのないSSばっかりになりそうですw

URL | lain #0MXaS1o.

2010.06.28 14:13 * 編集 *

[ No:1433 ]

男の子おにんぎょさんみたいでかわいい~♪
え、あ、も、もちろん、はねっこさんもかわいいですよ!

背景美麗だよねえ~Qarl3とか入れてる?

URL | Miari #-

2010.06.28 21:09 * 編集 *

[ No:1434 ]>Miariさん

テクスチャが綺麗過ぎて本当に人形みたいですね^^;
羽っこさんの荒が余計目立つ(;´Д`)

画質MODはQarl2の軽量版を入れてます。
以前はノーマルのQarl2だったので、実際は前より画質下がってますw(殆ど分からないけど)
画像縮小してるから、きめ細かく見えるのかな。

URL | lain #0MXaS1o.

2010.06.29 03:46 * 編集 *

[ No:1435 ]レオンと聞いて・・・

初めまして。今晩はLainさん。
レオンと聞いて思わずバイオハザード4のレオンを連想してしまった私・・・

個性豊かな登場キャラクターがおらっしゃいますが、その中で一番よく出くわすのがBabオヤジかもしれません。
Imperial Cityでちょくちょく会うことがあるのですが、その度にBabオヤジに出くわす度に思わず吹いてしまいそうです。

私も女性キャラ使いなのですが、いつか怪しい勧誘をされないかな~と思ってみたり・・・人気キャラ1位も頷けます。

キャラクターのモーションとかコンソールを利用してAIを止めたりと何気にキャラクターのスクリーンショットを撮るのは何気に結構難しいのですよね~

LainさんのブログのSSアングルはお上手ですし、時々愉快なキャラクターが登場したり、ツッコミがあるので面白いです。

ブログ更新は大変かもしれませんが、これからも頑張って下さい!

URL | ゆったりさん #GxAO5jdM

2010.06.30 23:13 * 編集 *

[ No:1436 ]>ゆったりさん

はじめまして!

>レオンと聞いて思わずバイオハザード4のレオンを連想してしまった私・・・

ドキーン!!
実はちょっと意識してますww
というのも、某御方にレオンっぽいフェイス作ってみてーと言われまして、バイオ4は持っていないので公式サイトを見てささっと作ってみたのですが、似てる似てないは別として意外とイケムンになったので今回使いました。
名前も特に思いつかなかったのでそのまま(;´Д`)スペルは違うかもしれません。

BABオヤジはよくあの辺あるいてますねー。
おおー女性キャラですか!
物陰からオヤジが狙っているかも・・・(-_☆)

SS撮るのは難しいですねー。
キャラ設置するだけでも面倒で、棒立ちばかりです><;
アングルは結構適当で、ポーズが自然に見えるかどうかくらいしか考えてません。
アングルによっては変に見えたりするので;

これからもがんばりますので、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

URL | lain #0MXaS1o.

2010.07.01 01:05 * 編集 *

[ No:1437 ]

あの子かわいいですねー^^

しかし、心をなくしたらそれこそ人間でないものになってしまいますね・・。

URL | 永遠と・・・ #-

2010.07.01 17:11 * 編集 *

[ No:1438 ]>永遠と・・・さん

少年大好評ですねーw
LopEarElf恐るべし・・・。

>しかし、心をなくしたらそれこそ人間でないものになってしまいますね・・。

そうですねー。
ちょっと想像できませんが、人はそれぞれ限りなく軽度とは言え人格障害や精神疾患といえるべき症状を持ってると思いますが、それが異常かというとそうではなく、逆に全く何にもない人はそれこそ機械人間みたいなもので、傍から見れば完全に異常ですよね。

URL | lain #0MXaS1o.

2010.07.03 02:23 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/304-b7f63174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。