OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Messiah of the Darkness 第2話 ~利用する者~ 

 

「どうだね? なかなか興味深い話だろう」

 

「一方ではメシアと敬われ、一方では悪魔と罵られ殺意すら抱かれている人物」

 

「Dr.Lobecto」

 

「その日記は彼が最後に滞在したと思われる村で、最後の患者となった者の自宅から持ち寄ったものだ。 残念ながら家主は行方不明、そしてロベクト医師もすでにこの村を出た後だったから、直接話を聞くことはできなかった」

 

「彼は自らを"精神外科"と称し様々な研究を行っていたようだが、この日記の少年と、そして囚人の男はロベクト医師に何らかの処置を受けた事は明らかだろう」

 

「それで・・・」

 

「私にどうしろと」

「どうも彼の人物像を洗ってみると、色々と不可解な事実が判明してな。 彼は脳研究において権威とまで言われた人物だが、一部では"狂人"として蔑まれ、医学会を追放されたという噂もある」

 

「メシアと悪魔、彼の真実の姿はどちらなのか。 君には彼の所存を把握し、この謎を解き明かしてもらいたいと思うのだが、どうかね」

 

「その役目が私である理由が不鮮明だ。 調査なら適当な冒険者でも当たればいい」

「それで済むのなら私とてそうしたいところだがね。 だが人選のミスは失敗に繋がる。 そして失敗は大幅な時間のロスとなる」

 

「冒険者というものはどうにも野蛮な輩が多くてな。 必要な情報を的確に知りえるためには聡明で分別があり、そしてあらゆる場面でも冷静さを失わない状況判断に優れた人間が必要なのだよ。 特に、得体の知れない相手の場合はな」

 

「特に今回は国から直接の依頼でね。 私の信用問題として中途半端な調査報告をするわけにもいかん。 だが君ならば先の条件を全てクリアしている。 今回の調査には打って付けというわけだ」

 

「持て囃したところで結局は私を利用しようとしているに過ぎない。 それに、確かな情報が欲しいなら己自身が出向くという選択肢もあるだろう」

 

 

 

「出来れば私も全ての事柄に関わりたいがね。 残念な事に一人の人間に出来る事は限られている。 ゆえに私は人を使う。 多勢を持ってして必要な情報のみを得る事で、効率よく利益を生み出すのが私のやり方だ」

「結構なビジネス論だが、如何なる理由があろうとも、お前に利用されるのだけはごめんだ」

 

「その話は拒否する。 他を当たれ」

 

「クックック・・・、随分と嫌われたものだ」

 

「無論、無償で君を動かせるなどとは微塵も思っていない。 それなりの対価は支払うつもりだ。 考え方を変えれば、君は私という仲介人を利用し利益を得るということになる。 悪い話ではないと思うがね。 それに、ロベクト医師が本当に噂にたがわぬ狂人であり、人々に対して怪しげな治療を繰り返しているのだとしたら・・・」

 

「お人良しの君には放っておく事などできんだろう」

 

「挑発のつもりならば無意味だ。 私が身を投じるのは自らの身に降りかかった災難を払いのける為、もしくは個人的な知的欲求の為。 その結果救われる人間がいたとしても、それは副産物でしかなく、私の行動理由にはならない」

「ほう・・・。 ならば、この事件に興味は?」

「・・・」

 

「ないとは言えない」

 

「・・・まあいい。 今は特にやることがない。 お前の誘いに乗ってやる」

「それは良かった。 君なら必ず興味を持ってくれると思っていたよ」

「だが一つだけ言っておく」

 

「先にも言ったように私の行動理由は個人的な興味だ。 よって私が何かしらの情報を入手したとしてもお前の言う調査に妥当なものかどうかは分からない。 その結果、調査失敗と断定したとしても私には関係のないことであり、それ以上のことをするつもりはない」

 

「私はあくまでも己の意志で動く。 それだけは覚えておけ」

 

「安心したまえ、よく理解しているよ。 その上であえて君を選んだのだ。 むしろ君なら必要以上の情報も掘り下げてくれるであろうと期待している」

 

「フン、称賛痛み入るな」

「ククク・・・、皮肉はよしたまえ。 私は本心で言ったのだよ」

 

 

「ついでにこちらも一つだけ言わせて頂こう」

 

「・・・」

 

 

 

 

 

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2010.04.07 Wed. 18:46 -edit- Trackback 0 / Comment 7

△page top

« MODから特定の品のみ抜き出してMOD化する方法2010
Messiah of the Darkness 第1話 ~悪魔とキリスト~ »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:1374 ]

羽っこさんはすごいですね~。

あのクールな性格も捨てたもんじゃない・・。

成功することをお祈りします(´・∀・`ノ

URL | 永遠と・・・ #-

2010.04.10 14:18 * 編集 *

[ No:1375 ]Re: タイトルなし

>永遠と…さん

こんにちわー^^

まPC修理に出す事になり、更新が遅れる予感ですTT
買ってから4ヶ月しか経ってないのに・・・
PC運悪すぎ;

URL | lain #-

2010.04.11 16:06 * 編集 *

[ No:1376 ]

相変わらず絶妙な描き方ですね。
思わずニヤリとする展開とディープな展開の組み合わせに脱帽です。

というかマリウソの悪魔的にも思える笑みが素敵過ぎ。
惚れました(笑)。

URL | 久遠 #OTCdg7QM

2010.04.11 23:10 * 編集 *

[ No:1377 ]

御無沙汰しております~
ところどころにふきだしを入れて話の流れを柔らかくさせる
緩急のつけ方やバランスの取り方は相変わらず流石ですね。
すぐに終わりそうかと思いきや、今回もまたまたスケールの大きいお話になりそうな感じ!

そういえばマリウソさんの実力ってまだ未知数ですよね。
以前、登場人物の中で戦えるうちの一人に入ると書かれていたのを思い出しましたが、
この喋り方を裏付ける実力の程はいかに、と少し気になりました。

PC関係のものは消耗品とはいえ、新調間もなくまた修理に出さなければならないようで・・・
心中お察し致します・・・(´・ω・`)
更新は環境が万全に整っている事が第一条件だと思いますし、
私達はいつまでも待てますので(笑) どうか気負いなさらないで下さいね。

気長にお待ち致しておりますよ♪

URL | Kirsche #-

2010.04.12 21:58 * 編集 *

[ No:1378 ]

>久遠さん

マリウソと羽さんの絡みはいつもこんな感じになってしまう;
長く続けてるとある程度パターン化されてしまいますね~。

マリウソはやっぱり余裕で微笑んでいる顔が一番似合います(笑


>Kirscheさん

お久しぶりです~。
今回はクエストっぽく、おつかいイベントにしてみました。
そんなに長くはならないかな。
前回に比べればスケールは大きくないです(笑

マリウソの戦闘シーンは1回しか出てきてません。
自分の中では設定が出来ているのですが、ほとんど書いていないので見ている人には未知数ですよね。
もう少し戦闘させようかなw

今回はデータ関係は全て外付けのHDDに保存してたのでその辺は大丈夫なのですが、買って4ヶ月は早すぎる・・・。
今は以前のPC引っ張り出しているのですが、何気に調子が良い・・・。
買う必要なかったかも;

URL | lain #0MXaS1o.

2010.04.13 02:49 * 編集 *

[ No:1383 ]

ないんだなこれがっ!ヾ( ̄▽ ̄*)

素敵ボケ&ツッコミは相変わらず健在な様で何よりです。


PCって壊れるときはあっさり逝きますよね・・・。

私は今のパソコン、買って1年で保証限度額使い切りそうです(ノд-。)クスン

URL | Threnody #MkgAoDiE

2010.04.25 03:19 * 編集 *

[ No:1385 ]

>Threnodyさん

お久しぶりです~^^
相変わらず・・・というかそれしかパターンがない(笑

本当にあっさりですね・・・。
特に最近はトラブルに遭う頻度が妙に高いですTT

あ、PC直りましたよ(笑

URL | lain #0MXaS1o.

2010.04.26 21:08 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/295-0c92818e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。