OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

天候弄り CS内で天候を確認する 

えー、以前の記事にて、

「Show In Render Window」は、レンダーウィンドウでプレビューできるのかと思いきや反応なしなのでスルーで。

などとアホなことを書いてしまいましたが、CS内でもちゃんと天候が確認できるようなので、その方法を忘れないようにメモとして書いておきます。

情報を提供してくださったミョイネンカイネン様、どうもありがとうございました!

 

1.CSを開いてデータを読み込む。

編集したいespもしくはOblivion.esmを開きます。

 

2.「Cell View」ウィンドウから外部セルを選択し、Render Windowに表示させる。

Cell Viewウィンドウから適当な外部セルを選択します。
Cell Viewが表示されていない場合は、上部メニューの「View」→「Cell View Window」にチェックを入れることで表示されます。

 

次に「World Space」から外部セルを選択します。
確認用なので何処でもOKですが、「 Interiors」は内部セルとなっているためとなっているのでそれ以外で。
今回はとりあえず「TestWorld」を選びました。

 

World Spaceのプルダウンリストからスペースを選ぶと、Cell Viewの左側に選択したWorld Space内のセル一覧が表示されるので、そこから適当なセルをダブルクリックし、Render Windowに表示させます。

 

どれでもいいですが、今回は一覧の一番上を選びました。
すると、Render Windowにそのセルのプレビューが表示されます。

 

Render Windowが未表示の場合は、上部メニューの「View」→「Render Window」にチェックを入れるとRender Windowが表示されます。

今回はとりあえずこのセルに空を表示させてみます。

 

その前にRender Windowのアングル操作の仕方のおさらい。

左クリック:オブジェクトの選択
左ドラック:オブジェクトを複数選択
右クリック:Render Windowのメニューを表示
中央ホイール上回転:ズームアップ
中央ホイール下回転:ズームアウト
中央ホイールドラック:カメラ平行移動
シフトキーを押しながらマウス移動:カメラ回転
オブジェクトを選択した状態でシフトキーを押しながらマウス移動:選択中のオブジェクトを中心にカメラ回転
オブジェクト選択状態でCキー:選択中のオブジェクトの正面へカメラが移動
オブジェクト選択状態でTキー:選択中のオブジェクトの真上へカメラが移動
オブジェクト選択状態でDキー:オブジェクトの選択を解除
シフト+Zキー:一つ手前の状態へ戻す
シフト+Yキー:上で戻したものをやり直す

カメラ操作に関してはこんな感じです。

 

またカメラの移動速度を変えるには、Render Window上で右クリックでメニューを表示させた後「Properties」を選択し、Preferencesウィンドウを表示後、上部の「Movement」タブの「Camera Movement」の数字を変更します。

 

Rotation Speed:カメラの回転速度
Zoom Speed:ズームの速度変更
Pan Speed:カメラの平行移速度変更

変更後は「Apple」ボタンを押す事で変更が適用されます。

 

3.空を表示させる

メニューバーの「View」から「Sky」にチェック、もしくは上部ツールアイコンSkyボタンを押します。

 

これでとりあえずRender Window内で空が表示されます。
カメラを動かして上空を見上げてみましょう。 

こんな感じになっていればOKです。

 

4.それぞれの天候プレビュー

ただ空を表示させただけだと、通常はそのワールドスペースに設定されている天候の空が表示されますが、それぞれ別の天候の空をプレビューする場合は、Weatherウィンドウから天候を選択後、「Show In Render Window」にチェックを入れることでプレビューできるようになります。

Weatherウィンドウの表示方法は、上部メニューの「Would」→「Weather」。

 

これでRender Windowに表示されている空が、上で選んだ天候の空に変化します。
またWeatherウィンドウを閉じるとプレビューも解除されてしまうため、Weatherウィンドウは出しっぱなしにしておいてください。

 

Overcast」を表示させています。

 

表示がおかしい場合は、Render Windowを最前面に持ってくるとちゃんと表示されます。
それでもおかしい時は、一度Show In Render Windowのチェックを外し、再びチェックを入れてRender Windowを最前面に持ってくれば表示されるはずです。
やっぱりダメだという場合は、カメラアングルを微妙に動かすと正しく表示されたりします。

また、Render WindowにてライトをONにしている方は、OFFにすることをお勧めします。
理由は、ライトがONの状態だと天候設定の「Ambient」が反映されず、天候によるオブジェクトの色合いが分からなくなるからです。

ライトのON・OFFは、上部メニューの「View」→「Bright Light」をクリックするか、もしくはツールアイコン電球マークをクリックします。

 

5.時間帯の変更

それぞれの天候は時間ごとに設定できるようになっており、設定した時間帯の空をプレビューにはRender Window内の時間帯を変更する必要があります。

まずRender Window上(オブジェクトのない位置)で右クリックでメニューを表示させた後「Properties」を選択し、Preferencesウィンドウを表示させます。
その後、Render WindowタブをクリックしTime of Dayのスライダーを動かします。

スライダーの下の「Display Time」に直接時間を入力することも出来ます。
入力後は「Apply」ボタンで適用されます。

 

7:00
 

 

14:00

 

19:00
 

 

プレビューの方法は以上で終わりです。

またCS内のプレビューではSunlightの設定が反映されません
こちらもCS内で確認したいという方は擬似太陽を設置してそれっぽく見せる方法がありますが、光源の位置や明るさによって見え方が変わってくるので確実とは言えません。
ですが雰囲気は掴めるのでその方法だけ記載しておきます。

天候弄り CS内で天候を確認する 擬似太陽編

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:Construction Set(CS)弄り

2010.03.10 Wed. 01:56 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 天候弄り CS内で天候を確認する 擬似太陽編
天候弄り ~ダークな空を夢見て~ 実践編 »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/292-09020a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。