OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

The Day of Retribution あとがき 

 

毎度のことですが思った以上に長引きましたー。
クチナシとメガネ君の話はずーっと前から考えていたのですが、内容が思い浮かばずに放置となっていました。
本当は二人で協力して何かに立ち向かうような話を妄想していたのですが、当初の予定とはだいぶ違う感じになってしまいました(; ̄ω ̄)ゞ

ただ、今後何かあったときの為に戦闘要員を増やすという目的は達成できました。
現在メインメンバーで戦えるのは羽っこさんとクチナシ、例外でマリウソの3人のみなので、その場で新キャラを出すと新キャラ自体が薄っぺらになりそうだったので、前もって戦闘要員を補充したいと思っていました。

何もないかもしれませんが・・・。

 

▼イトウマスオという男

遠距離攻撃系にすることは決まっていました。
別にエスパーにする必要は全くなかったのですが、彼の誤爆特性や意味不明な言動を生かし(?)、エスパーという設定に。
名前は言うまでもないですが、エスパー伊藤です(笑)。
ワタリテツヤに比べると大分格下な気がしないでもないですが・・・。

超頭脳やらアカシックレコードやらはその場の思い付きで、彼にはとある理由から長々としゃべっていただく必要があったのです・・・。
というのも、話を考えた時点で二人が戦う事は決まっていたのですが、戦闘シーンなんて書けない!
かといってSSで繋ぐのも大変! じゃあどうする?!

会話で繋ぐ!!

という結論に達しまして、今回彼は必要以上にセリフが多い&長いです。
聞いてもいないことをしゃべりまくります(笑)。
不自然にならないように5,6話あたりで「よくしゃべる人」というのを印象付けるつもりで、ごちゃごちゃとしゃべらせたのですが、逆に収集が付かなくなってますね;

 

そしてクチナシですが、自分の中でも曖昧なキャラ像を固めようということで、その辺を意識しつつセリフを書いてました。
一応意識していたキャラ像は、オーソドックスな「正義のヒーロー」です。
困っている人は放っておけない、弱きを助け強きを挫く、友情に熱い等、少年漫画の主人公みたいな感じです。
羽っこさんがダークな部分を担当するとして、クチナシにはライトな部分を担当してもらおうかとw
おかげで顔真っ赤にしながらクサいセリフを書いていました(ノ∀ ̄*)

 

内容について補完するところは特にないような気もしますが、一応・・・

 

▼結局予言は何だったの?

ダ=ルースの予言はあくまでも予言の域を出ません。
予言が事実だったかどうかは受け取り方により様々ですが、少なくとも村人にとっては事実であり、害悪の対象を幼い子供に押し付けてしまい、それが事件の発端となりました。

そもそも予言者が余計な事を言わなければこういうことにはならなかったわけで、全ては予言者が悪い(笑
予言をするなら、正確な場所、時間、固有名詞等をはっきりと出さないと混乱を招くだけで何の意味も無いということですね。
彼自身、予言が外れる事への恐怖があったかもしれません。

ですが、今回に限っては、彼は実際に神の声を聞いています。
神の声というか「Sheogorathの声」ですねw
Sheogorathの神像クエストで、予言に怯えている村に対して、プレイヤーに予言を実行させて脅かすというクエストがありましたが、実は今回の話はあれに則っています。
今回の話の場合は、プレイヤーに実行させたのではなく、予言者に適当な事を言って後は傍観していただけですが。
SIを導入したので、何となくあの爺さんを出したかったというのもあります・・・。

ちなみに予言者のダ=ルースという名前は、自演疑惑のある予言者「ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース」から拝借しました。

 

次はついに羽っこさん主役の話を予定しています!
まだ構想は出来ていませんが、いい加減これ以上放置すると存在を忘れられそうなので( ̄ー ̄;)

また更新に時間が掛かると思いますが、なるべくかっこいい話がかければなーと思っていますので、よろしくお願いします!

では!ノシ

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.11.15 Sun. 08:23 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

« [MOD まとめ]メガネ君で使ったMOD(メガネ、ウィッグ)
The Day of Retribution 最終話 ~因果応報~ »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:1187 ]久遠

久遠です。

ご苦労様でした。そしてご馳走様です。堪能させて頂きました。
最後の画像、神の集合ですね。私的には親父様が絶対的な笑いの神だと認識してます(笑)。

シェオゴラスの声。
彼に限らずタムリエルには様々な魔王様が干渉し、人々が右往左往する様を観賞しているわけですから結構怖い世界ですよね。
預言もまた怖い。信じる者達にしてみればそれが狂信的な行動に繋がるわけですから。

ではでは。

URL | 久遠 #OTCdg7QM

2009.11.15 14:46 * 編集 *

[ No:1188 ]>久遠さん

コメントありがとうございます!
オヤジはある意味神ですね(笑
まさに彼とは運命の出会いでした><

いろいろな魔王が見えないところでひしめき合っていると思うと、確かに落ち着かない気分ですね。
いつ何が起こるか分からない恐ろしい世界です;

URL | lain #0MXaS1o.

2009.11.15 23:24 * 編集 *

[ No:1209 ]

おお~っ!お疲れ様ですっ!
拍手♪パチ☆(p ̄Д ̄q)☆パチ☆( ̄pq ̄)☆パチ♪
ショートストーリーなのに話がしっかりしてて面白かったです~!
いやー!このコンパクトさ見習わなアカンわ><

そういやSIまだ未導入だったんですね!
なのにうちに見に来て下さってたなんて(ノω=;)

マスオさんにたくさん説明させる効果。
わたしは良かったと思いますよ!
このお話で語られてるエスパーとはなんぞやとか、知識の部分がちゃんと入ってるの、わたしは好きです。
マスオさんは学者風やしイメージもピッタリやと思います。

時折、真面目な会話が始まったと思って入り込んで聞いてたら、急にぶっ飛んだギャグが出てきたりするのも緊張と緩和の混じったのが心地よかったです!
2人の会話には何度も笑わされました(笑)

イケメン・ワタリ君の最後のデート落ちもかわいくてよかった(はーと

羽っこさんも好きなので、新作楽しみにしています!

URL | YUZU #Hf1dhM3U

2009.11.23 14:20 * 編集 *

[ No:1212 ]

>YUZUさん

長いストーリーだとモチベーション的にも問題がありそうなので、短い話を色々書くような形態にしてみましたw
なるべく色んなキャラに焦点当てたいし、読む側も気軽に読めるのでは、と><

自分なりの哲学というか、無理やり説明を付けるのが好きなんです。まぁ、こじ付けですが^^;

ギャグな話は好きなんですが、ネタ記事はどうしても面白いオチが必要になるので、オチが思いつかない限り書けないという欠点があるんですが、通常の話の途中にギャグを入れるのは、オチを考える必要もないのでラクなんですよー。
なので思い立ったら入れるようにしています><
面白いかどうかは別として、個人的な息抜きです(笑

ワタリくんは恐らく初デートなので、その辺の珍道中も書きたいですね~。
羽っこさんの話、いきなり行き詰ってます;
ボキャブラリーがないので、うまく文章を組み立てられないですTT

URL | lain #0MXaS1o.

2009.11.23 15:58 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/251-fdcb6615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。