OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

The Day of Retribution 第9話 ~戯言~ 

 

 

「ぐ・・・」

 

「・・・分からんな」

 

「これほどまでに実力の差を見せ付けられても尚、立ち上がる理由はなんだ。
お前も馬鹿ではあるまい。 論理的に結果を導き出さないまでも、感覚として理解できるはずだ」

 

「先ほど言ったとおり、おれはただお前を救いたい。 それだけだ」

 

「ここでおれが負けてしまえば、お前を止める者はいなくなる。
もしお前がこのまま予言を実行してしまえば、もう後戻りは出来ん。 破壊者として堕落するだけだ」

 

「堕落ではなく向上だ。 人としての復讐が完了し、そこから先は神として歩み始める」

 

「いや、残念ながらお前は人間で神ではない。
お前はただ神への高みを口実に、己の我侭を通しているに過ぎないのだ。
おれ自身が例えどんなに傷つこうとも、堕ち行くお前を見過ごす事などできん」

 

「友として・・・!」

 

「友・・・だと?」

 

「・・・くだらん! 俺はずっと一人だ、今までもこれからもな。
お前に声を掛けたのは単なる気紛れであり、友などという戯言の為ではない」

 

「だがその気紛れこそがお前の本心。 それは決して計算で答えが出るものではない、無意識の感情だ」

 

「おれに声を掛けたのは、お前自身の行動を誰かに止めてもらいたかったからだ。
お前は孤独に生きてきたが故に、誰かに己の存在を認識してもらいたかった。
そうすることで己の存在を確かめたかったのだ」

 

「黙れ・・・、それこそお前の独り善がりな妄想に過ぎん。
それに、もしお前が俺の友だと自称するならば・・・、何故あの時、お前は俺の元へ来てくれなかったのだ」

 

 

 

 

 

-友達が欲しい たった一人だけ-

 

-雨が大好きで 夜が大好きな-

 

 

 

 

 

「俺は暗い地下室でただ待っていた。 いずれ誰かが手を差し伸べてくれることを信じてな。
しかし、現れたのは大人たちの悪意に満ちた表情。
お前が友だというのならば、何故あの時手を差し伸べてくれなかった・・・!」

 

「それに、俺は覚えているぞ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今となっては言い訳にしかならないが、知らなかったのだ・・・。
お前が閉じ込められている事などは、誰一人として口外する者はいなかった。
ある時から突然姿を消したお前が気になってはいたが、子供だったおれたちには真実は覆い隠されていた」

 

「あの頃はおれも弱かった。 大人たちの非道を正すための力は無く、また逆らうだけの意思も無かった。
だが今は違う。 おれは成長し、あらゆる非道や悪意に立ち向かえるだけの力と意思を得た。
だからこそおれは、大人たちの悪意によって道を踏み外そうとしているお前を放っておくことは出来ん・・・!」

 

「・・・お前の言い分は分かった、だがもう遅い。 俺が友達を欲していたのは遠い昔の話だ。
あれから月日は流れ、俺もお前同様に力を手に入れた。
非道や悪意を根底から消し去るだけの力をな・・・!」

 

「いや、間違いなくお前は今でも友を求めている。 おれに声を掛けたのが何よりの証拠だ。
今からでも遅くはない、村人たちの非道は許せぬものだが、お前まで悪意に染まる必要はない」

「黙るんだ・・・。 これ以上くらだん馴れ合いを続けるつもりなら、お前を始末するだけだ」

「いや、お前には出来ない。
なぜならお前は今、復讐を完遂せん為に無理やり自らの意思を押さえ込みおれを拒絶している。
だが本当のお前はおれを、いや、友を求めているはずだ。 心底な」

「・・・黙れ」

 

「今からでもやり直せる。 おれと共に来い、我が友よ」

 

「黙れ・・・!!」

 

 

「戯言はお終いだ・・・」

 

「今のお前の状態から鑑みて、お前は次の一撃で確実に死ぬ。 俺の計算に狂いは無い」

 

「・・・!!」

 

「残念だがワタリテツヤよ、お前は神の代行人たる俺の第一の犠牲者となってもらう」

 

「人の心に無暗に触れた・・・お前の報いだ・・・!!」

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.10.27 Tue. 01:04 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« The Day of Retribution 第10話 ~不調和~
The Day of Retribution 第8話 ~根拠~ »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:1171 ]

イトウマスオは子供の頃に迫害されてきたから、人を信じることができないんですね。

それでも、信じあえる友が一人でも欲しかったのですね。

URL | world #-

2009.10.29 16:35 * 編集 *

[ No:1172 ]>worldさん

そうですね~。
復讐したいのも本音だと思いますが、友達が欲しいというのも本音だと思いますよ><
冷静に見えますが、唯一自分の行動を理解してくれる可能性のあったクチナシに拒否されて、多少ショックは受けているはずです。

URL | lain #0MXaS1o.

2009.10.30 01:09 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/247-a536a1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。