OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Labyrinth in tha Mist 第12話 ~侵蝕~ 

「ハァ、ハァ、ハァ…」

 

「クソ…眠れない…!」

運良く霧の迷宮から生還した男。
しかし、ミノタウロスを食したことによって体内に蓄えた大量のサイロイド・エナジーは、確実に男の体を蝕んでいった。

休んでいる間も体中の臓器は全速力で活動を続け、回復させるべき体力を根こそぎ奪っていった。
息が切れ、脈は激しく鼓動し、汗が止まらない。
食したものは急速に分解され、もはや1分1秒の単位で男の脂肪を削り取っていく。

 

「ま、まだ食べるの…? ごめんなさい…、今のでうちにある食料は全部よ」

「そ、そうか…」

「明日朝一番で町へ出て何か買ってくるわ。 もし足りないようなら近所の人に分けてもらってくるけど……」

「な、何いってる、"ガキ"じゃねぇんだ。 一晩くらい待てるよ」

 

「……」

 

「腹ガ……、減ッタ……」

 

足に力が入らず、亡者のようにゆらゆらとした不安定な足取りで歩く。

「く、食い物……。 食い物は何処だ……」

 

「食い物……」

 

男の視界に穏やかな吐息を立てて眠りについている少女が映った。

一瞬、息を呑む。
脳裏に蘇るのは、迷宮での"食事"。

 

 

-銀のスプーンで抉り出せば-

 

 

「……」

視界がぼやけ、意識が朦朧としてくる。
まともな思考が働かず、無意識に眠っている少女に近付いていった。

 

その獣のように輝く眼光は、少女の細い首元を捉えていた。

 

背後からそっと近付き、首筋に口付けをするように牙を向ける。

 

「ん……。 フリード……?」

 

「……」

「きゃあ!」

 

目を覚ました少女は男の形相に驚き、悲鳴と同時に思わず男を突き飛ばした。

 

「……ア……アリーセ……」

男の喉下から、絞り出すような声が響く。

「フリード……! ど、どうしたの?!」

「ウウ……ウ……」

男は苦悩に満ちた表情で、頭を抱えた。
僅かに残った理性で、湧き上がる欲望を必死に抑えようとする。

途端、背後の階段を転げ落ちるように降り、覚束ない足取りで家具や壁にぶつかりながらも出口の扉へ向かっていった。

「ま、待って! 一体どうしたというの、フリード!」

少女は叫ぶが、男には聞こえていないのか、そのまま外へ出て行ってしまった。

今のは本当に自分の恋人なのだろうか?
まるで悪霊でも乗り移ったかのようなその様は、先ほどまで楽しく話していたフリード本人とは全くの別物のように思えた。

旅先で何かあったのだ。
それしか考えられない。

一目散に階段を駆け下り、彼の後を追い外へ飛び出した。

 

「フリード……!」

男の姿はすでに見当たらない。
何処か遠くへ行ってしまったのだろうか?

辺りを見回しながら注意深く彼の姿を探す。
あの彼の様子から考えると、突然襲われる事も想像できないわけではなかったが、自らの危険よりも一体彼の身に何が起こったのか、そして彼がどうなってしまったのか確認せずにはいられなかった。

耳を澄ますと、そう遠くない場所から複数の馬が騒いでいる声が聞こえる。
酷く怯えているような、そんな声だった。

 

 

「?!」

 

「やめろ……! やめるんだ、フリード……!」

 

 

むせ返る血の匂いの中、何かを無心で食べる男。
それは紛れも無い、目の前にいる馬の肉だった。

恐らく男が殺したと思われる馬の死体から、その肉を素手で抉り出し次々と自らの口に運んでいる。

 

「シャアアア……」

 

「……?!」

鬼の形相に思わず凍りつく。

 

「ま、待って、フリード……!」

男は少女の視線に気付くと逃げるように走り出し、柵を超えて森へと入っていった。

 

「フリード!!」

「待て! 追ってはならん!」

 

「村長……!」

 

「フリード……あの愚か者め。 あれ程禁じておったというのに……」

 

「霧の迷宮へ行きおったな」

 

「霧の……迷宮?」

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.06.26 Fri. 03:11 -edit- Trackback 0 / Comment 7

△page top

« Labyrinth in tha Mist 第13話 ~君へ~
Labyrinth in tha Mist 第11話 ~帰還~ »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:1063 ]

アリーセにではなく馬に死亡フラグが立ってたんですね・・・

URL | カドルス #-

2009.06.26 16:13 * 編集 *

[ No:1065 ]

久遠です。

とりあえずは馬でよかった。もちろん馬は可哀想ですけど、まだギリギリ理性がある模様。迷宮って生き残りゲームであると同時に、生き残ったら生き残ったで暴走した形で現実世界に戻すのだろうか。だとしたら怖いですね。
迷宮内にあった剣とかも何か意味があるのだろうけど……このままどう終わるのか。
ガクブルしながら楽しみにしてます。

URL | 久遠 #OTCdg7QM

2009.06.26 23:21 * 編集 *

[ No:1066 ]

ヤマネコXです。

耐えがたい程の飢餓って所が恐ろしいです。
意識ではどうしようもない所に救いがありません。
我らが羽っ娘さんが助けるのか、それとも人食いとして狂っていくのか、気になりますです。

URL | ヤマネコX #mQop/nM.

2009.06.28 11:13 * 編集 *

[ No:1067 ]

ブルル・・・怖いですね;;
続きが気になってしょうがないです。。。
頑張ってかいてください!

URL | 永遠と・・・ #-

2009.06.28 16:32 * 編集 *

[ No:1068 ]お返事

相変わらずレスが遅れて申し訳ありません><
次回の更新は少し後れそうですT-T

>カドルスさん
馬に死亡フラグですか( °o°)
それは気付かなかったですw

>久遠さん
本当にギリギリで保っている状態ですね。
迷宮についてはあまり言及しないつもりですが、もしかしたらあとがきに書くかもしれません~。

>ヤマネコXさん
食べれば食べるほど痩せていくというのは、実は幼い頃とあるマンガであった設定で、それが怖すぎて未だに印象が残っています。

>永遠と・・・さん
更新が遅れて申し訳ありません><;
もう少し時間がかかりそうですが、がんばって書きます!

URL | lain #0MXaS1o.

2009.06.29 21:57 * 編集 *

[ No:1069 ]

もう大食い大会で優勝して勝ったお金とお宝で村救って、余ったお金でウマウマになればいいのに・・!

時々見させてもらってるんでカキコさせてもらいました~
これからも見させてもらいます~!

URL | 神威 #vxm979lk

2009.07.03 02:10 * 編集 *

[ No:1070 ]>神威さん

鬼才現る…Σ(゚□゚*)ノ
その発想はなかったです・・・w

コメントありがとうございますっ!
これからもよろしくお願いします~!

URL | lain #0MXaS1o.

2009.07.03 02:18 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/208-c5952ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。