OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Labyrinth in tha Mist 第2話 ~霧に揺蕩う想い~ 

大気中の水蒸気が凝結し、微小な水滴となって空中を浮遊している。
無数の水滴は視界を遮り、先の見えない白の世界を形成すると同時に、大気を冷やし肌寒さを感じさせる。

Mist Villageのいつもの朝の情景。

 

身支度を整える男の傍らで、少女が不安そうに佇みその様子を見ている。
旅立ちの前はいつもこんな気持ちだった。
状況が分からずにただ待っているだけというのは精神的負担が大きく、必要以上に少女を疲れさせている。

男はそれを知ってか知らずか、いつも以上に張り切った様子で準備を進めていた。

「今回は少し遠出してみる。 3,4日は戻れないかもしれないけど、期日までには必ず戻るよ」

少女の不安を煽らないように、笑顔で男は告げる。
だが少女の表情は曇ったまま動く事は無かった。

 

「大丈夫なの?」

男が遺跡や洞窟の探索を始めてからというもの、毎日のように家を開けてはいたが、時間はまばらとはいえ必ずその日のうちには帰宅していた。
数日間家を空けることになるのは今回が初めてである。
男が村一番の剣の達人であり、その強さは誰よりも信頼してはいるが、それでも不安だけは拭う事は出来なかった。

「心配しすぎだって。 この辺の遺跡は探索しつくしたから少し遠くへ行くだけだ」

「でも…」

前日の夜の会話を思い出す。
男は目星を付けた場所があり、そこへ向かうと話していた。
それ自体は問題は無い。
期日が迫っていることもあり、男が情報収集をして、ある程度的を絞ったのだろうと考えても特に不自然な事ではなく、むしろ当然かもしれない。
しかしその時男が不意に見せた、決意に満ちた表情を少女は見逃さなかった。

どこか危険な場所へ向かうのでは…。

当然古い遺跡や洞窟は、モンスターや野盗が住み着いていることもあり、危険である事には変わりは無いのだが、言葉では言い表せないような漠然とした不安が、少女の心に圧し掛かっていた。

 

「何がそんなに不安なんだ?」

「分からない…。ただ、何となく貴方が…何処かへ行ってしまいそうな気がして…」

「俺が何処へ行くって言うんだ?」

「分からない…。 分からないけど、怖い…」

少女の瞳から涙が零れ落ちる。
男は軽くため息を付いた後、すすり泣く少女の体を引き寄せると包み込むように優しく抱きしめた。

「安心しろ、今回の探索で最後だ。 時間的にもギリギリだろうし、それで宝が見つからなければ俺も諦める」

「本当?」

「ああ、本当だ。 それと、お前に言っておく事がある」

男は少女を抱きしめていた腕を緩めると、その両手で少女の両肩を掴み、真っ直ぐに見つめた。
少女も戸惑いながらも男を見つめ返す。

「今回の探索が終わったら…俺と結婚してくれないか?」

「え…?」

突然の予想だにしない言葉に一瞬事情が飲み込めず、目を見開いてきょとんとしている。
男は何も言わずにただじっと少女を見つめていると、やがて男の言葉を理解した少女の顔が徐々に崩れ、その瞳に再び涙が溢れ出した。

「…ったく、また泣くのかよ」

男はわざとらしくため息を吐いて見せた。

「ごめん…。 でもずっと待ってたから、嬉しくて…」

涙を拭う少女の顔からは、笑顔がこぼれていた。

「なるべく早く戻るから、だから少しの間家を空けるのを許してくれ。 "独身最後の冒険"ってやつだ」

「…まあ」

少女はクスクスと笑う。
それを見て男も安心したように笑った。

 

 

 

 

 

「気をつけてね。 絶対…、戻ってきてね」

「当たり前だ。 それじゃ、行ってくる」

 

 

霧の奥へと消えていく男を、少女はいつまでも見つめていた。

 

 

「……よし」

そして男は…、"禁断の地"へと足を向ける…。

 

 

 

 

 

 

 

ある程度の文明レベルを持っているゴブリンは、人を食わない。
また、野生動物やトロール、オーガなどの肉食のモンスターは、わざわざ肉を焼いて食うなどという器用な真似はしない。
腹が減っていれば間違いなくそのままかぶり付くだろう。

となると、残るは異界(Oblivion)の悪魔か、それとも…。

 

「……」

 



ブルースクリーンに怯えながらなので画像少な目です^^;

どうもグラボの熱暴走の疑いが出てまいりました。
フィルターを綿棒で掃除して、本体のカバーを外した状態でやってみましたが、何とかブルースクリーンは出ませんでした。
たまたまかもしれませんが…。
ハッキリと原因が分からないのが嫌ですね(≧_≦;

あ、アドバイスをくれた方、どうもありがとうございました!m(_ _)m 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.05.28 Thu. 13:32 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

« Labyrinth in tha Mist 第3話 ~霧の迷宮~
ブルースクリーン多発!! »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:998 ]続き気になる!

これは続きが気になりますね。フリードは生きてほしいですね・・・。

URL | world #-

2009.05.29 21:23 * 編集 *

[ No:999 ]>worldさん

コメントありがとうございます!(>_<)
続きは今書いているところなのでもう少し待っててください!
彼がどのような運命を辿るのか…
その辺が一応テーマなので注目していてください(>_<)

URL | lain #0MXaS1o.

2009.05.30 03:03 * 編集 *

[ No:1009 ]

死亡フラグたちまくりじゃないかwwww

URL | ぬま太郎 #-

2009.06.02 08:50 * 編集 *

[ No:1010 ]>ぬま太郎さん

そうですね(笑
これからさらに立つかも…(-_☆)

URL | lain #0MXaS1o.

2009.06.02 09:24 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/198-6da32551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。