OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第17話 ~不死身~ 

 

 

「・・・」

 

「・・・手ごたえあったぜ!」

 

「・・・」

 

 

「え・・・?」

「ククク・・・」

胸に突き刺さった剣をゆっくりと引き抜きながら、男は不敵に笑う。
剣は体を貫通したにもかかわらず、血は流れていない。
それは、男が明らかに普通の人間とは違う存在である事を意味していた。

 

「生憎だったね・・・。僕は心臓を貫かれた程度では死なないんだよ。でも、しっかりとお返しはさせてもらうよ」

 

「僕は老化を防ぐために生体機能を停止させている。お陰で若く美しい姿を保っていられるものの、傷を付けられるとたとえ治癒魔法だろうと回復は無理なんだ。
そもそも治癒魔法とは生体機能を飛躍的に促進させ、一時的に身体の自己治癒能力を高めるもの。僕に効果が無いのは当然だけどね・・・。 何が言いたいか分かるかい?」

恐怖でただ後退ることしか出来ないオモロの耳に、男の言葉は届いていない。
その驚愕の表情を楽しむように男は言葉を続けた。

「つまり君は、文字通り僕に一生ものの傷を負わせた」

 

「償ってもらうよ・・・。僕と同じ傷跡を残す事でね」

 

 

 

 

 

「ま、まずい・・・!!」

「ダメよ・・・! その脚じゃまともに戦えるはず無い・・・!」

未だ太腿からの流血が治まらぬ中、痛みを堪え自らの剣を支えに立ち上がろうとするクチナシを、少女は必死に静止する。

「だが・・・、このままでは確実にオモロは殺される。 奴の言うように、何もせずにいるくらいなら意地の一つでも見せなければなるまい。このままやられるのをみすみす見逃すことなど出来ん」

 

「友ゆえに・・・!」

 

 

 

 

 

 

「ま、待て! ここは一つ、穏便に話し合おうではないか・・・!」

「その必要は無いよ。 どの道ムーンライトを連れ去ろうなどという不届きな輩は生かしておけないからね」

 

「もがき、嘆き、叫ぶがいい。 僕では決して味わう事の出来ない死への恐怖、そして生への執着を、存分に楽しませてくれたまえ」

 

「うわあああああああ!!」

 

 

 

 

 

「オ、オモロ・・・!!」

 

「ううううう・・・」

 

 

「ククク・・・どうしたんだい? 早く逃げないと死ぬよ。あと僅かでも僕が力を込めれば、恐らく心臓に達するだろうね」

 

「お、おのれ、ダークネス・・・!!」

(もてあそんでいる・・・!
不死身ゆえに死の恐怖を一切感じることのなくなった奴自身の死への衝動を、オモロに投影する事で満たそうとしているのか。

奴に近づけば恐らく一気に剣を突き刺すだろう。
しかし今のおれの状態では、奴が剣を突き刺す前に接近し妨害することは不可能。
かといってここで傍観していてもオモロは助からん・・・!

どうすれば・・・どうすればいい!!)

 

「お願い、やめてダークネス! 目的はあたしなんでしょ?! 彼は関係ないわ!! だから・・・!!」

 

「ツ、ツインテールちゃん・・・! 」

(ツインテールちゃんが、悲しそうな顔をしている・・・!

何やってんだ、俺は!!
助けに来たってのに返り討ちにあってたんじゃマヌケにも程があるぜ・・!!

俺にとってはツインテールちゃんの笑顔こそが全て・・・!
笑顔にさせてやれないどころか、悲しませてどうする・・・!!)

 

「ツインテールちゃん・・・!」

(戦う事も出来ない俺がツインテールちゃんにしてやれる事・・・。
それは強がりでも何でも構わない、笑顔を絶やさない事・・・!

苦しそうな顔をすれば、それは彼女にも伝わり彼女を悲しませることになってしまう。
どんなに苦しくても、どんなに痛くても、俺は絶対に笑顔を絶やさない。
笑いに人生をかけた俺の最期の悪あがきだ・・・!

死ぬその瞬間まで、笑顔を貫き通してみせる・・・!!)

 

「大丈夫だぜ・・・! お、俺はこんくらいで死んだりしねえからよ・・・!! さ・・・さっさとこいつをぶん殴って・・・、一緒に、街へ帰ろう・・・!!」

もはや彼の頭に自らの保身はなかった。
ただ彼女を想い、胸に激痛を感じ顔を歪ませながらも必死に笑顔を作り、そして心の底から笑って見せた。
全ては少女の為に。

 

「オ、オモロ・・・!」

どうすることも出来ない絶望的な状況に、少女はただその場で涙するしかなかった。

 

「残念ながら、心臓を貫かれて死なない人間などいない。僕のように不死身でもない限りね。 試してみるかい?」

少女の願いをよそに男はさらに力を込める。
もはや切っ先がオモロの心臓へ到達するのは幾分もなかった。

 

「ぎゃあああああああ!!」

今までで最も大きく、そして痛々しい悲鳴が、広い城内の隅々まで木霊する。

「嫌ー!!!」

目の前で繰り広げられる凄惨な光景に耐え切れず、少女は目を伏せ耳を塞いだ。

 

 

 

 

 

やがて悲鳴が止むと、再び城内には静寂が訪れた。
聞こえるのは少女のすすり泣く声のみ。

口を開くものはいない。
だがそれは、オモロの死による絶望感からくるものとは違っていた。

「興味深い」

女の声が暫しの静寂を打ち破る。
そこにいる少女とは別の、無機質で感情のこもらない淡白な口調。

少女は伏せていた目を恐る恐る開く。
傍らにいるクチナシは一驚を喫した表情で、突如として現れた声の主を見つめていた。
少女もクチナシの視線の先に目を向ける。

 

 

「・・・!?」

 

 

 

 

 

「ならばその首、切り落としても生きていられるのかどうか、試してみることにしよう」

 

「あ・・・あいつは・・・!!」

 

 

 

 

 

「?!」

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.03.27 Fri. 13:49 -edit- Trackback 0 / Comment 8

△page top

« Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第18話 ~断罪~
Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第16話 ~意地にかけて~ »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:891 ]

久遠です。

素敵ーっ!と思わず叫んじゃいそうでした。羽っこさんが登場した時思わずニヤニヤしちゃいました。「キターっ!」ですね。格好良いです素敵過ぎです。真打登場ですね。

王子様。
狂気の悪役ではあるんですけど、彼は悲劇の存在ですね。皆永遠に死なないならともかく自分だけ残っちゃうのは哀しいですね。

URL | 久遠 #OTCdg7QM

2009.03.27 19:37 * 編集 *

[ No:892 ]>久遠さん

いやー引っ張りましたw
最初はオモロ登場の予定はなかったのですが、ツインテール関係で登場させないわけにもいかないだろうと思い急遽登場させる事になったため、主役の登場が遅れました…!

王子様、確かに悲劇ですね。
人は生きている以上常に死と向き合っているわけですが、永遠に終わりが来ないというのも恐ろしいもので、それだけで狂うには十分だったのではないでしょうか。

URL | lain #0MXaS1o.

2009.03.27 23:33 * 編集 *

[ No:893 ]lainさんのオブリワールド最高!!

更新お疲れ様です!続けて読ませて頂きました!
今回の記事は熱いです!最高に熱いです!!
やっぱりlainさんの描くオブリ世界は最高です(`・ω・´)ゞ

まずは、
ワタリの「友として」この破壊力は異常でした。
他にもワタリの心情からは「侍」の様なものが感じられます!
本気モードのワタリはやっぱり熱くてカッコイイ!

しかし今回はそれを越えるものが有りました。
それは「オモロ」!!凄すぎです。神すぎます。カッコイイ通り越して感動になってしまいました!!
自分的にオモロは完璧お笑い担当かと思ってましたが・・・何て熱い奴だ!
こんなに感動してしまうなんて。
オモロのあの信念には本当にやられました!!
彼がこんなにも熱くて強い心を持っていたなんて!!!もうオモロ株急上昇ですよ!
オモロ最高!
( ゚∀゚)o彡°オモロ!!( ゚∀゚)o彡°オモロ!!

そしてその絶体絶命の危機に登場する羽っ子さん!
熱い!!!どこまでも熱い!!!この記事、熱すぎる!!!!!
オブリの世界をこんなに熱くしてしまうlainさんに感服致しました!(`・ω・´)ゞ

もう、本当に最高です!!
記事を読んでて「カッケエエエェェエェ!!!」なんて言葉が飛び出たのは初めてですよwww

lainさんのオブリは本当に面白いです!
もうlainさんワールドのオブリをメインクエに入れればいいと思うwwwww

ついつい長文になってしまいましたw
ではでは、続き待ってます~(´▽`)
くれぐれも無理なさらないように体調に気を配りながら更新頑張ってください!
お疲れ様です!(`・ω・´)ゞ

URL | HIRO #-

2009.03.28 22:47 * 編集 *

[ No:894 ]>HIROさん

コメントありがとうございます!
お褒めの言葉嬉しいですq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
苦労した甲斐がありましたTT

ワタリはギャグの語りも好きですが、シリアスの語り考えるのも好きです^^
なので余計に力が入ってるかもしれません(´д`)

単なるギャグ要因だったオモロも、さすがにこの状況ではふざけられなかったようで><
登場させるかどうか迷っていましたが(主に面倒くさいという理由で)、そういっていただけると登場させてよかったと思いました。
しかしシリアスなシーンだけに、ツインテールちゃんとかオモロとかの名前がネックになります^^;
さすがに名前が安易過ぎる事に気付きました…il||li _| ̄|○ il||li

羽っこさんはきっとタイミングを狙っていたんです(笑
登場シーンはいくつかパターンを考えていましたが、流れ的に今回の登場シーンを使いました。
他のキャラに押されて出番は少ないですが、やはり主役なのでキメるところはキメてもらわないと><

わざわざ長文コメントありがとうございます。
コメントに支えられている部分も大きいので、本当に感謝感謝です( iдi )
これからも応援よろしくお願いします!

URL | lain #0MXaS1o.

2009.03.29 00:52 * 編集 *

[ No:895 ]

wktkしながら待ってましたっ…!!

オモロの覚悟に思わず惚れ込みそうになり
最後に羽っこさんが私の心を奪い去っていきましたとも!!
「奴は大切なものを(ry

そして、王子の冷酷さ、堪らないです。
寂しさでそうなってしまったことを考えると、なんとも胸が締め付けられます…。

(*´д`*)次回楽しみにしてます。
更新、のんびりとがんばってくださいやしっ

URL | touga #wF453ayA

2009.03.29 05:03 * 編集 *

[ No:896 ]>tougaさん

コメントありがとうございます~^^

これでオモロに対するツインテールちゃんの評価はどう変わるか?!
一応この話書き始める前に「恋愛モノ」と称したので、それっぽい要素を入れてみました><
読むのも書くのも苦手なので(恥ずかしくて)、顔真っ赤にしながら書いてました><

王子様~
全ては彼女を求めるばかりに・・・
ラストだけは考えてあるので、どうなるのかはお楽しみと言う事で><

URL | lain #0MXaS1o.

2009.03.29 22:02 * 編集 *

[ No:898 ]真 打 登 場 !

やだもうカッコ良すぎ。(ノ´∀`*)

ヒロインは遅れて現れる!!!

URL | つやつや #GCA3nAmE

2009.04.02 00:42 * 編集 *

[ No:901 ]>つやつやさん

お決まりですね!
かっこいいと言ってもらえて良かった><。

URL | lain #0MXaS1o.

2009.04.02 23:12 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/177-3d2ed7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。