OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第3話 ~理由~ 

待っていてくれ、ツインテールちゃん!!
必ず俺が助け出してやっからよォ!!

 

 

 

 

 

「む?」

 

現れたな、好敵手よ。
この橋にいれば必ずお前が通りかかると踏んでいた。

 

帝都に来てからというもの、面白いことが多すぎた。
最初は帝都は都会故に、ギャグのセンスも俺の故郷の田舎とは違う次世代の代物なのだと半ば諦めかけていた。
この世に思わず笑ってしまうような面白い出来事など存在しないと、本気でそう思っていた俺自身がこれほどまでに追い詰められるということは、もはや帝都という場所では別次元のギャグや面白い出来事が存在し、とても人間に耐えられるものでは無いと・・・

だがそれは俺の心の甘えだった。

世界は広い。
そしてそこには当然想像も出来ないような未だ見ぬ面白い出来事や人間が、山ほど存在するだろう。

そう、世界は笑いに満ち溢れている!

最近ではカップアイス用のヘラの絶妙な曲線を見ただけで笑いがこみ上げてくるほどだ。
イカれた無差別殺人者か何かが、笑い死による大量殺人を目論んで設計した罠かもしれんな。
とにかく恐るべき笑いのセンスを持っていることは間違いない。

世界にはまだまだそんな面白い奴がゴロゴロいるだろう。
そしておれはこの笑いに満ち溢れた危険な世界で生きていかなければならない・・・

そのためには、生まれ持った不笑の性格に甘えるのではなく、自らの鍛錬が必要不可欠になる。

そして、まず最初に超えなければならない壁が、ミスター・オモロ・・・お前だ!!

 

このときのために俺は毎晩過酷なイメージトレーニングを繰り返してきた。
おかげでお前の姿を見ただけで笑いがこみ上げてくるようなことはなくなった。

だがそれだけでは、ただお前と肩を並べたに過ぎん。
お前のギャグに耐えてこそ俺の本当の勝利と言える。

 

聞かせてもらおうか、最新のギャグを・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、いつに無く切迫した表情だったな。
何か良からぬ事態にでも巻き込まれたのだろうか・・・

 

む?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのやかましい女を連れ去るとは、とんだ物好きもいたものだ。

分かっていることは、黒いローブの男にペイントホース、そしてその男が放ったという"ムーンライト"という単語。
・・・この程度では皆目検討が付かない。

誘拐の目的は?

金という線は可能性が薄い。
あの女は親元を離れあのような小汚い宿屋で働いている故、身代金を請求したところで誘拐のリスクに見合うだけの見返りは期待できないだろう。

・・・まさか両親がどこぞの貴族なんてことはないだろうな。

 

男は"迎えに来た"と言っていたらしい。
となると、ムーンライトとは人名であの女をムーンライトの勘違いして連れて行ったことになる。
だが誘拐事件になるということは、あの女がそれなりの抵抗を見せ、それでも尚強引に連れ去ったということか。

 

クレランボー症候群・・・エロトマニアの可能性もありえる。

もし恋愛妄想に取り付かれた哀れな男の仕業だとすれば、あの女は今非常に危険な状況にいることになる。
その手の連中は自らが対象に愛されているという根拠の無い確信に縛られ、対象が抵抗すればするほどそれは愛ゆえの行動だと都合よく解釈する。
拒絶を続ければ、最悪の場合暴力行為におよび、相手を死に至らせる事も少なくはない。

だが、それだと男が口走った"ムーンライト"という単語は意味を成さない。
ムーンライトという言葉をツインテールに対する呼称として使ったのか、それともそのような人物が実際に存在するのか。
ムーンライトが他にいるとすれば、男はまったくの別人に愛情をぶつけている事になる。

だがたとえ別人であったとしても、男がツインテールを"ムーンライト"だと言えば、男にとってはそれが揺ぎ無い真実となり、どんな説得をしても無駄だろう。
ムーンライト本人を連れてくればめでたくツインテールは開放されるが、今度はムーンライトが男の勝手な妄想の餌食となってしまう。

断罪も頭に入れておく必要がある・・・。

 

・・・憶測で思考をめぐらせるのは悪い癖だ、まだ何も分かっていないというのに。
そんなことよりも、まずはその誘拐犯の居場所を探らなくてはならない。
手掛かりが少な過ぎるゆえ非常に面倒ではあるが、あの女を助けるためだ、仕方が無い。

 

・・・助ける? なぜ?

報酬があるわけでもなく、ましてや赤の他人であるあいつを助ける義理はないし、そんな人情も私にあるとは思えない。
他人とは干渉せずただ自分の世界で生きてきた私にとっては、他人が死のうが生きようが何の影響も受けない。そして気にしたこともなかった。

だが何故だか・・・自然と助けるつもりでいた。

 

奴とはまだ数えるほどしか接していないが、私は奴の心に踏み込むつもりはないし、干渉するつもりもない。
しかし奴は私が無意識に作り上げている心の壁を通り越し、私すら気付かぬうちに無意識領域への進入を果たしているのかもしれない。

 

つくづく厄介な女だ、人の心に土足で上がり込むとは・・・。

仕方ない、今回だけは助けてやる。 そうだな・・・

 

"暇だから"とでも言っておこう。

 

-続く-

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2008.09.25 Thu. 08:27 -edit- Trackback 0 / Comment 6

△page top

« Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第4話 ~それぞれの思惑~
Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第2話 ~事件~ »

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 
Secret
 

△page top

この記事に対するコメント

[ No:745 ]記事連続で来てたーー!^▽^ノ

2記事連続で読ませていただきました!更新有難うございます!お疲れ様です!!
シリアスなはずなのに絶妙に笑いをとる所とか、流石ですねw
宿屋のおばさんとスターーップ!のやり取りが面白すぎたww

羽っ子さんの中でまた少し心の変化が起きて行くんですね~、楽しみですw
トップの壁紙がツインテールちゃんになってたのは、この話の伏線だったんですね!?w
それにしても羽っ子さんの話方、というか思考回路がカッコよすぎる!!
こういった知的記事を書けることに普通に尊敬致します。はい。

ワwwwタwwwリwww 
もうワタリが出ただけで吹いてしまうwwwww最高だwwwwww

ワタリさんも今回の騒動に参加しそう??で超期待!!!な俺w
久々にカッコイイ所が見れるかも!?楽しみです!
なんだか結構長編になりそうな気がしますしw
これはゴブリン戦争などに続く神回の予感が・・・!ザワ・・・ザワ・・・

P.S
カップアイスのヘラ壮大に吹いたwwwww
今度カップアイス用のヘラ見て吹いてしまったら責任取って下さいよネッ!!><

では続き楽しみにしてます!のんびりと待ってますんで、更新頑張ってくださいませ~
(´▽`)ノシ

URL | HIRO #-

2008.09.25 22:15 * 編集 *

[ No:746 ]こんばんは~

 オモローにスルーされるとは・・・・
 さらにその後羽子さんを魔女と間違うとは・・
 ワタリ腕をあげましたね^-^

 羽子さんもまた素直じゃないですな~

>>"暇だから"とでも言っておこう。<<
 
 これからもお待ちしてます^^

URL | 応援団 #G4tIk/0g

2008.09.26 19:25 * 編集 *

[ No:748 ]>応援団さん

こんにちわ~^^
ワタリを書くたびに「幸せな人だなぁ」と思ってしまいます;
羽っこさんは捻くれ者なんです(笑
でもいつか素直なはねっこさんも書けるといいなぁ。

URL | lain #0MXaS1o.

2008.09.27 12:25 * 編集 *

[ No:749 ]>HIROさん

シリアスになりそうと最初に書きましたが、どーもギャグに偏ってしまってます^^;
書いてると無駄なことが次々と思い浮かんでくるんですよね…
でも、徐々にシリアス度がアップしていくはずです!

TOP絵のツインテールちゃんはこの話のために撮影しました。
場所はいちおメインの舞台となる建物の中なんですが、あれじゃ全く分からないw
羽っこさん、知的に見えたのなら良かったです(笑

ワタリの登場シーンをどうしようか迷っていたら、またしても無駄に長くなった…
困った人です(--;
今回はかっこいいワタリさんが見れるかもしれないのでお楽しみに!

あ、カップアイス用のヘラは自己責任でお願いしますw

URL | lain #0MXaS1o.

2008.09.27 12:34 * 編集 *

[ No:750 ]はじめましてー。

はじめまして。久遠と申します。

私がオブリビオン(360版)を購入するきっかけが、こちら様のブログで読ませていただいた闇の一党シナリオなのですよ。
書き込みは今回が初めてですけどそれ以来、足を運ばせていただいておりました。

色々なキャラが織り成す、根幹はシリアスなのにどこかゆるい展開が大好きです。
babオヤジの虜です、私。
彼がオブリ本編の既存のキャラとは最近まで知らず、帝都であった時はびっくりしました。ミスターオモロもそうですか?
似た感じの人をよく見かけるので。

ではでは。

URL | 久遠 #OTCdg7QM

2008.09.27 18:55 * 編集 *

[ No:751 ]>久遠さん

はじめまして!コメントありがとうございます!
うちの記事を見てOBを始められたということで(しかも闇の一党!)嬉しい限りです(^O^)
あの記事誰も読んでないと思ってました(^_^;)

BABオヤジは本当に適当に生み出されたキャラで、何も考えずにその辺の人を使いましたが、まさかここまで定着するとは思っていませんでした。
こんなことならオリジナル作れば良かったと少し後悔しましたが、BABオヤジはやはりあの人でないと、ここまで成長しなかったかもしれませんね(笑)

オモロも既存のキャラです。
話によるとメインクエの敵の信者らしいのですが、原作とは無関係な話を書いているので、そのへんの設定は無視してます(^_^;)
たしか植物園地区でスカウトしたんですが、1日中待っても会えないことがあり、CSでコピー作って待機させてあります(^_^;)

ついでに言うと、マリウソとヘンデスも既存キャラですw

また遊びに来てくださいo(^-^)o

URL | lain #0MXaS1o.

2008.09.28 05:41 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oblivionlain.blog111.fc2.com/tb.php/161-4e9e50de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。