OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

ここに該当する記事はありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Messiah of the Darkness 第12話 ~紙一重の狂気~ 

「私を・・・、殺すというのか・・・?」

「それ以外に今のお前を救う方法はない。 言わば"救済の死"だ。 
同時に、心を失い人ならざる存在へと変化させられた哀れな者たちの魂も開放してやる必要がある」

「ま、まさか、患者たちも・・・!!」

 

「死は魂の休息。 肉体は死なず、魂だけが物質世界の檻に閉じ込められているのだとしたら、彼らにとってこの世はもはや牢獄でしかない」

「気でもふれたか・・・!! 彼らに罪はない・・・! 仮にお前が死神だとしても彼らの命を奪う権利などないはずだ・・・!!」

 

「彼らは弱者だ。 そして弱者の運命は先ほどお前の言った通り。
廃人としてただ世間に晒されながら悲痛な運命を辿るくらいなら、すぐにでも開放してやるべきだ」

 

「は、早まるんじゃない・・・! 時間を掛ければ彼らもいずれは必ず元通りに・・・!」

「希望的観測に過ぎない。
前頭葉の再結合は外部から干渉できるものではなく、お前自身その方法は見出せていない。
よって彼らが再び立ち直るには自然治癒以外になく、その上確証もない。

そして心を持たない彼らには回復の意思そのものが存在せず、社会復帰には長い年月を要するだろう。
だが体の老化だけは着実に進行し、脳を含めた身体機能の低下に伴い回復自体が絶望的な状況となる。

仮に目を覚ましたとしても、彼らが味わうのは衰えた自らの身体に対する絶望のみ。
彼らから奪われた時間は二度と戻りはしない」

 

「全ては手遅れ。 お前の患者も、お前自身も。
未来を切り開くためと犠牲を覚悟で手を出した手術は、始まりではなく終わり。
残されたものは、魂の抜けた血肉の残骸と、患者と近しい者によるお前への憎悪と怒り、敵意と殺意」

 

「死こそが最善、死こそが合理的。 例え非情だとしても、それが真実。
情に流され選択を誤れば、そこに待っているものは泥沼のような悲惨な末路。
そうなる前に、全てを無へと回帰させる」

「や、やめてくれ・・・! せめて・・・、せめて患者だけは・・・!!」

男の声は既に私には届かない。
私は鎌を持つ腕に力をこめると、男の首目掛けて一気に振り下ろした――

 

 

 

「息子を見ませんでしたか? 素直でやさしくて、とてもかわいいの」

 

「!!」

 

 

『大丈夫。 母さんはきっと元気になって帰ってくるよ。
それに、僕はみんなが言うほど先生が悪い人だとは思えない。 むしろ、先生は本当に病気の人を救いたいって願ってると思うんだ』

 

『あの子は自分のせいで母親がおかしくなってしまったと、今でも自分を責めている。
もし二度と戻ってこないと知ったら、自責の念に囚われたまま永遠に抜け出すことは出来ないかもしれないんだ』

 

『僕はまだ子供だけど、でも、母さんがどんな事になっていても、ちゃんと向き合えるから・・・!
だからお願い、Leonを助けてあげて・・・!』

 

 

 

「・・・?!」

 

突然現れた第三者の、この場にそぐわない安閑とした口調の言葉に、振り下ろされた大鎌が寸前のところで動きを止める。
同時に思い起こされる、私に想いを託した者たちの顔。

 

「息子を見ませんでしたか? 素直でやさしくて、とてもかわいいの」

「な、何をしておる・・・! ここは危険だ! 部屋に戻ってなさい・・・!」

狼狽する男をよそに、女は危ぶむ素振りさえ見せない。
それは女に感情が備わっていないことを意味していた。

女は同じ言葉を繰り返す。
それは心を失う以前に、女にとって最もその心を埋め尽くしていた愛しい存在。

恐らく女は以前から、そしてこれからも同じ言葉を繰り返す。
それは女に残された唯一の希望――

 

そうか。 ようやく理解した。 いや、気付いた。

自らの罪を都合の良い口実で覆い隠し、悪魔の手術を続けたDr.Lobecto。
だがそれは、私も同様――

 

時に死は最も合理的で理に適った解決方法である場合も多い。
だが、それでは人は納得しない。
例え道理に適った答えであるとしても、人は頑ななまでにその答えを拒む。
それは人そのものが非合理な存在だからだ。

人は誰しも、大なり小なり罪を犯す。
いや、この世界の無限の事象連鎖の中で人が何か行動を起こせば、例え直接的ではないにしろ何処かで必ず不利益を被るものが現れる。
言わば人は生まれながらに罪の十字架を背負い、その罪の中で生きている。

罪から逃れるための最も簡単な方法は、死。
人は死ぬことで事象の連鎖から自らを切り離し、無へと回帰することで初めて全ての罪から開放される。

だが生きることが罪であるならば、初めから存在しなければ済むこと。
それでも人は存在し、罪を犯し、嘆き、悲しみ、苦悩しながらも、生き続ける。

極めて非合理、極めて不完全な生き物ゆえに、その非合理な生の中で答えを見出そうとする。
それが人間。

 

死して救われる魂がある、それは紛れもない事実だ。
少なくとも私はそう確信を持って行動してきた。

だが、いつしか私はその言葉自体に拘り過ぎていた。
その他の答えを見出そうとせず、安易な死という絶対的な答えに捕らわれ、そして人を殺め続けてきた。
救いという、大義名分の下に。

 

そしてこの男と同様、私もまた自らの狂気に気付かずにいた――

 

「頼む・・・!
お前の言うとおり、私は弱者を救うと言いつつその実、己の力の慢心と、そして名誉のためにいつしか本来の目的とは矛盾した行動を繰り返していた。
絶対に救えるという確信の元、彼らを弱者へと陥れてしまった・・・!
もはや言い訳など出来るはずもない。 私は裁かれるべき人間であることは間違いないだろう。
だが・・・!」

 

「この子達だけは、何とか見逃して欲しい・・・!
確かに彼らは一人では何も出来ない。 弱者として世間に虐げられるくらいならいっそ命を捨てた方が楽になるのかもしれない。
だが、彼らに罪はないのだ・・・!」

 

「私のような悪魔のせいで大切な心を失ったこの子達から、"生という希望"まで奪わないでくれ・・・!!」

 

男の悲痛な叫びが屋敷に木霊する。
男の目を覚ますきっかけとなったのは、救うべき患者に突きつけられた死。
それは、自らの向上心のために一度は狂気に落ちたとはいえ、心の奥底では弱者を救いたいという紛れもない想いが残っていたからに他ならない。

メシアとなるために悪魔の力を行使した男。
だがその思想だけは本物のようだ。

 

 

「・・・」

 

「患者たちとお前はもはや一蓮托生。
お前が死ねばどちらにせよ患者たちの未来はない」

 

「そして患者たちを生かすならば、同時にお前も生きなければならない。
患者たちが目を覚ますその時まで、お前は生きて彼らを支えなければならない。
それが、自らの手で弱者を生み出したお前の責務」

 

「・・・!!」

 

「無論、またお前が闇を纏い悪魔の力に手を染めるのなら、私は再びお前の前に姿を現すことになる。
ゆめゆめ、忘れるな」

 

「・・・恩に着る」

消え去りそうな声で男は呟いた。

 

 

 

 

 

 

「あらあら。 Thanatosの名を持つ者が、随分と優しくなったのね。 でもね・・・」

 

「あなたに必要なのはそんなものではない。

その優しさはいずれ、世界を破滅へと導く――」

スポンサーサイト
関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2010.08.29 Sun. 20:51 -edit- Trackback 0 / Comment 6

△page top

Messiah of the Darkness 第11話 ~救済~ 

 

「Leon、起きてる?」

 

 

 

「どうした。 眠れないのか? Tomy」

「うん・・・。 さっきは大丈夫だって言ったけど、やっぱり僕、怖いよ」

 

「母さんが二度と戻ってこなかったら・・・、僕・・・」

「・・・」

 

「お前には辛いかもしれないが、ここまで来てしまった以上はどうしようもない。
どんな結果であろうと、お前は受け入れる覚悟が必要だ」

 

「だが安心しろ。 何があってもおれはお前のそばにいる。 この先ずっとな」

 

「Leon・・・」

 

 

 

 

 

 

「この私が・・・、狂っていると?」

「お前の言っていることは実に最もらしく聞こえる。 だがお前は自らの行為を正当化するために都合の良い御託を並べているに過ぎない」

 

「認知的不協和だ。
お前の心には"人々を救う"という思想と、"救うには危険が伴う"という事実によって不協和が生じていた。
人間は心に不協和が生じた場合、一方の要素を変更ないしは新たな認知を加えることで、無意識に不協和の低減、解消を図ろうとする。

この場合、人々を救うことを諦めれば、危険を伴う必要もなく不協和は生じない。
だが娘を惨殺ことでお前はその目標を諦めることはできなくなっていた。

となるともう一方の"危険"という要素に修正を加える必要がある。
最も適切だと思われるのは、治療法自体を危険のないものに変更することだが、現時点ではお前の考案した治療法以外に有効な方法は存在しない。
同時にお前は、精神疾患に対する唯一無二の外科治療の開発者として、一時的とは言えメシアとしてもてはやされたことで、己の生み出した治療法に絶対的な自信と誇りを持っていた。

よってお前は新たなに、"不本意な結果は飽くまでも治療においての過程"という認知を加えることで自らの行為を正当化し、罪悪感を低減しようとした」

 

「患者の人生と自らの成功を天秤にかけ、そして人格破壊手術という悪魔の手段を用いた時点で、お前は既に狂っていた」

「・・・」

 

「富、名声、権力、そして成功・・・。
大事を成すためには多少の犠牲には目を瞑らなければならない事もある。
偉人たちは皆、そうやって道を切り開いてきたのだ」

 

「私が狂っていると言うのならばそれで結構・・・!
狂気なくして・・・、未来を切り開くことなどできんのだからな・・・!」

 

「それに、今ここで私が歩みを止めたら・・・。
それこそ、これまで手に掛けた患者たちに申し訳が立たないではないか・・・!!
この治療さえ成功すれば、より多くの人々を救うことが出来るのだ。
そうなれば、彼らとて本望だろう・・・」

 

「そうか、分かった」

 

「このままお前を放っておいても、ただ徒に罪を重ねるだけのようだ。 ならば――」

 

「今すぐ、お前をこの罪の十字架から開放しよう」

「?!」

 

「死を持って」

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2010.08.23 Mon. 03:48 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

[セーブデータ]フェイスデータ チョコエルフに挑戦!! 

今更時代遅れな気がしないでもないですが、この度初めてチョコレートエルフというものに手を出してみました。

MBP++ v0.7.0にて、通常のコリアンメッシュのチョコエルフに加え、RenメッシュとLop-Earメッシュの3種が追加されました。
コリアンメッシュはかなり癖があり、造形が非常に難しかった記憶があるので、やはり慣れ親しんだRenメッシュか、デフォルト状態で既に完成されているLopメッシュで作ろうかと思ったのですが、どうにも同じような顔しか作れないので、ここは敢えてコリアンメッシュで作成することに><b

 

が、正直激ムズでした・・・。

 

まず、これがリセットしたときの顔。
(造形が分かりやすい髪形に変えています)

この時点でも十分美人でいじる余地がなさそうですが・・・。

褐色と言えばマーニャ姉さんくらいしか思いつかないlainは、マーニャみたいなつり目美人を目指していじってみることに。
が、もともとたれ目気味なので釣り目に持っていくのがかなり骨。
で、弄り倒した結果、

 


ほぼ変わらず。

 

むしろ初期状態の方がいいような・・・?
何にせよ、マーニャとは遠く離れた結果に。・゚・(ノε`)・゚・。
というか、破綻しないように調整するのに必死で、もはやそんなことは忘却の彼方でしたw

 

以下サンプル。

100820110830_487.jpg

 

DLはこちらから。

 

 

【おまけ】


扇子いいなー(*´艸`)

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: OBLIVION MOD

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION MOD紹介

2010.08.20 Fri. 12:30 -edit- Trackback 0 / Comment 7

△page top

Messiah of the Darkness 第10話 ~贖罪の山羊~ 

「君が盗賊でも異議を唱えるものでもないとしたら、一体何用かね」

 

「まさか、私の命を取りに来た死神とでも言うつもりではなかろうね」

 

「その発言は、自らの行為がそれだけよこしまであることを認めていると判断できる」

 

「・・・」

私の鎌掛けに、男は言葉を失う。
単なる狂人かと思っていたが、自我は残っているようだ。

 

「お前を定義する言葉は二つ。 一つは精神病治療において唯一の手段を持つメシア。 一つは、治療と称して人々から魂を奪う悪魔。
そしてお前の書斎にあったメモを見る限り、治療は非常に危険を伴うものであり、なおかつ治療後は人格に不可逆的な変化を及ぼす。
患者の姿を見ればそれは否定しようのない事実だろう。
これが患者を救うための処置だとしたらお前の行為は矛盾している」

 

「お前の目的は何だ。 この危険な治療は何を意味している」

 

「君が何者であるかは別として、今の時代に生まれたことを感謝するといい。 もし君が一昔前に存在していたら、間違いなくこう呼ばれていたであろう」

 

「"魔女"とな」

 

「・・・?」

 

「人は弱く、そして脆い。 常に無意識の目に見えぬ恐怖に怯えており、それを払拭したいと考えている。
そのために人は悪を仕立て上げ、それらを排除することで恐怖を克服しようとしてきた」

 

「過去のシロディールにおいて、魔女狩りと呼ばれる忌まわしき儀式が多く行われていた時代があった。
魔女とは従来、悪魔と契約を交わし特別な力を得たとされる女性であり、人々に害を及ぼす存在として恐れられていた。

魔女狩りとはそういった存在を排除するために行われた一連の刑罰行為を指すものだが、魔女を特定する手段は極めて曖昧であり、主に他人の証言や本人の自白によって魔女を特定していたという。
故に魔女であると疑いを持たれた者はその時点で否応無しに連行され、自白を引き出すために身の毛もよだつような拷問が繰り返された。

縄で身体を縛られた上で、皮が剥がれ落ちるまで鞭打ちをし、指が潰れるまでペンチで締め上げ、赤く焼けたゴテを押し付けられる。
そこで自白をしなければさらに拷問は続き、手足を引っ張られ関節を外し、手足の指を1本1本切り落としていく。
さらに唇を切り落とし、全身の皮膚を剥ぎ、焼けた鉄の靴を履かせ無数の釘の突き出た鞍馬に跨らせる。
全身の神経という神経を隈なく痛めつけると、最終的には肩から腕を、股関節から脚を切断し、Caterpillar(キャタピラー)と呼ばれる姿で捨てられたという」

男が語るのは過去に実際に起こった忌々しい魔女狩りの事件。
過去の人間が起こした、理不尽な苦境に無理やり説明を付け、それを解決すべく行われた理不尽な殺戮行為。

 

「魔女狩りは集団ヒステリーと考えるのが適当だ。
特定の集団が災害、不作、疫病、敵対勢力の圧力などにより強いストレスや不安に晒され続けることで、自然発生的な妄想からそういった事件を起こすことがある。
彼らは目の前の事象を通常では説明できない超常現象が起きたと確信し、オカルトや、疑似科学的、都市伝説的解釈を成した上で、非論理的な方法で解決を図ろうとする。
この場合、当時社会的弱者であった女をスケープゴートとし、それらを排除することでストレスや不安を断ち切ろうとした結果の惨劇と言える」

「その通り。
無論、このような残酷な魔女狩りが行われたのは過去の話であり、当時に比べ人々の知識レベルの底上げがなされた現在ではそのような行為は殆ど行われていない。
しかし神や悪魔などの見えざる力の存在に俄かに恐怖を抱いている閉鎖的な農村や小都市などでは、未だに集団ヒステリーによる魔女狩りまがいの行為がたびたび発生しているのだ。
そして弱者が虐げの対象となるのは過去も現在も変わりはない。

だが今は女性が政治を行う時代。 女性を社会的弱者と呼べなくなった現在、標的とされるのはどのような者か。
それは周囲にとって分かりやすく、明らかに集団から逸脱した存在。
例えばアルゴニアンやオークに対する差別は今を持って尚なくなる事はなく、君自身もその姿のせいで不本意な汚名や軽蔑、迫害を受けた経験があるはずだ」

 

「異論はない。 だがそれとお前の治療と、どのような関連性がある」

「・・・同様に、脳障害や精神障害を患いおよそ正常ではない者も、ただそれだけで好奇の視線にさらされる。
そして有事によって人々がパニックに陥った際、真っ先に責任を転嫁されるのは、そういった弱者なのだ」

男の首がやや前に凭れ、先ほどまでの慄然とした口調も弱弱しくなる。

 

「娘もそうだった。 
染色体異常によって生まれつき知的障害を背負っていた娘は、複雑な事情や状況の判断が難しい。
疫病によって家畜が全滅した際にその場にいたとして捕らえられた娘は、彼らの誘導尋問によって自白を促され、そして処刑された。

根拠や裏づけのない妄想はさほど時間が掛からずに目を覚ます場合が多いが、斉一性の原理によって引き起こされた事象は、往々にして反省したり責任を問われたりすることはなく黙殺される。
集団とはそういうものだ。 その行為を肯定した者が多ければ多いほど、仮にそれが間違いであったとしても罪悪感は分断され、責任を感じることがなくなる」

 

「狂っている。 そう思わんかね?
いや、彼らだけではない。 人間とは常に狂気の素顔の上に仮面を被せて生きている。
元来その狂気は日の目を見ることはないが、ふとしたきっかけで内に秘めた狂気をむき出しにする。

狂気に取り付かれた人間は根拠のない妄想を確信し、周囲の言葉を受け入れる事はない。
それが集団であるならばなおさらな。
したがって彼らを説得して宥めるのはほぼ不可能なのだ。

だから私は弱者を救おうと心に決めたのだ。
娘が殺されたあの日・・・。
これ以上、心清き哀れな者たちが、人々の身勝手な都合で迫害され、そして命を落とすのを黙ってみているわけにはいかない。
全ての人々を救うことは出来なくても、せめて精神疾患や脳障害でさまざまな迫害を受けている罪無き人々を、私の手で・・・」

男が言葉に詰まる。 蘇った娘の思い出が脳裏をめぐっているようだ。
それは娘と過ごした悦楽の記憶か、もしくは凄惨な死に様かは分からないが、少なくとも今の男を突き動かしている一つの大きな因子になっていると考えられる。
精神病治療に拘るのは、救えなかった娘に対する贖罪でもあるのだろう。

だが、私の心には何か引っかかるものがある。

 

「なるほど、お前の信念は良く分かった。
だが今の話では、私が最初に言った"矛盾"を説明できていない」

 

「確かに君の言うとおり、この治療には危険が伴う。
だがそれは治療においての過程であり、結果ではない。
だからこそ私は患者と共に過ごし、彼らの経過を見守っている。
時には世界を回り、これまでに手掛けた患者の追跡調査することもある。
この治療を創めてから30年、私はそうしてきた。

全てはこの治療を安全で完璧なものへと昇華し、世間に認めさせる為。
患者の中には社会復帰をしたものもおり、他に有効な手段が存在しない今、最も可能性のある治療なのだ。
その為に私は如何なる努力も惜しむつもりはない」

 

「これでも一度はメシアと呼ばれた男だ。
是が非でも私はこの治療を確立し、人々を救わなければならん・・・」

 

「理解してくれたかね? それならばこれ以上私に関わらないで欲しい。 研究の邪魔をされたくないのでな・・・」

 

「よく理解した。 だがお前は一つ大事なことを忘れている。
確かに人間は誰しもが心に闇を抱えているもの。
それと同時に、お前自身もまた人間であるという事実」

 

「・・・何が言いたい」

 

「狂っているのはお前だ」

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2010.08.08 Sun. 14:19 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

copyright©2010 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。