OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

ここに該当する記事はありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

MODから特定の品のみ抜き出してMOD化する方法2010 

以前「MODから特定の品のみ抜き出してMOD化する方法」と称して記事を書きましたが、書いたのが3年近く前ということもあり、やり方が少々古いというかややこしくて分かりにくい。

現在では色々と便利なツールが登場しているので、今回は別の方法で特定のアイテムを抽出してみようと思います。

今回題材にするMODは「Hentai Mania」というMODです。
有名なMODで名前だけは知っていたのですが、装備MODは日記で使うもの以外は殆ど入れておらず、さらにこのMODはヴァニラを改変している部分が多いようなので未導入でした。。
ですがコメントを頂いた事もあり、今回はこのMODから装備品だけを抜き出して導入してみようと思います。 

またこのMODは、追加される敵NPCが追加装備をまとって襲ってくるようなので、敵から奪い取りたい方は多少の変更や競合には目を瞑ってそのまま導入した方が楽しめると思います。

 

今回はCS以外に以下のツールを使用します。

何かと便利なツールですので、DLしておいて損はないです。

 

今回の手順をざっくりと説明すると

  • TES4Editでesp内のデータから装備品以外のデータを削除
  • CSでチェストを作成し装備品をぶち込み、ゲーム内に配置
  • TES4Filesで必要なファイルのみ抽出
  • OMOD化

こんな感じです。
ツールの使い方に関してはよく分からない事が多いので、必要な部分のみ触れます^^;

 

1.TES4Editの起動

まずはTES4Editを起動するわけですが、TES4Edit起動時に自動的にOBのインストールフォルダからespファイルの一覧を表示するので、「Hentai Mania」をDLし解凍したら、「Hentai Mania.esp」をOblivionのDataフォルダへコピーします。
コピーしたらTES4Editを起動してください。

※TES4Editでespファイルに手を加えると、自動的にOBインストールフォルダのDataフォルダにespのバックアップファイルが作成されますが、念を押したい方は手動でもバックアップを取っておいてください。

TES4Editを起動すると、こんな感じでDataフォルダ内のespの一覧が出てきます。

このespの一覧から編集したいespを選択しチェックを入れるのですが、初期状態では現在適応している全てのespにチェックが入っていると思います。

編集したいespは「Hentai Mania.esp」のみなので、それ以外のチェックを全て外します。
と言っても一つずつチェックをはずしていたら指が腱鞘炎になってしまうので、このウィンドウの何もないところで右クリックし、出てきたポップアップメニューから「Select None」を選択します。
すると全てのチェックが外れるので、改めて「Hentai Mania.esp」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

TES4Editの右側にズラーっと読み込み中のメッセージが出てきますのでしばらく待ちます。
「finished」と表示されたら読み込み完了です。

 

2.TES4Editでesp内のデータから装備品以外のデータを削除

espの読み込みが終わると下の画像のような画面になると思うので、「Hentai Mania.esp」の左側の「+」の部分をクリックしてください。

すると、ツリーが展開されます。

 

これはヴァニラのデータから変更または追加された部分が存在するカテゴリを示しています。
CSを弄る人は分かると思いますが、みての通りほぼ全てのカテゴリに変更または追加が加えられています。

このツリーをさらに展開すると、変更・追加されたオブジェクトが表示され、それらを選択すると右側に変更・追加内容が細かく表示されます。

が、今回は装備品を抜き出すだけなので、その辺の説明はすっ飛ばします。

装備品のデータが格納されているカテゴリは「Armor」、「Clothing」、「Weapon」なので、それ以外のカテゴリを全て削除します。
そうすることで、ゲーム内に一切干渉しない「データのみ」のespが出来上がります。

分かりやすく言いますと、ゲーム内に武器を配置するにはまずCSで武器のデータを設定します。
それを例えばコンテナに入れます。
この時点ではまだゲーム内に影響していませんが、そのコンテナをセル内に配置して初めてゲーム内に影響します。

この時点でのespの変更箇所は「Weapon」、「Container」、「Cell」の3箇所になるわけですが、そこから「Cell」の変更内容をを削除してしまえば、やっぱりゲーム内に影響を及ぼさなくなり、武器とコンテナの情報のみが残る事になります。
それと同じ事ですねー。

というわけで早速削除しましょう。

マウスのポインタをツリーの一覧の「Activator」の上に持ってきて右クリックします。
するとポップアップメニューが表示されるので、そこから「Remove」を選択します。(もしくは選択された状態で「Delete」キー)

 

するとこんな画面が現れます。

最初の一回のみ、「編集すると何が起こるかわからんよ。それでも続ける気かいの?」みたいな脅迫文が表示されるので、「Yes I'm なんたら」を選択します(3秒ほどのラグタイムの後に選択できるようになります)。

すると再び警告がでるので「Yes」を選択すると、削除されます。

 

同じ要領で、「File Herder」、「Armor」、「Clothing」、「Weapon」以外の項目を全て削除してください。
「Ctrl」キーを押しながら選択で、複数選択が可能です。

※「Enchantment」は武具に付加されるエンチャントの情報です。
これを削除すると、これらのエンチャント効果が付加されている武具のエンチャントが消えますので、これも残しておいた方がいいかもしれません。

削除が終わるとこんな状態になりました。

ここまで終わったら、画面右上の×印をクリックします。
するとセーブ画面が現れます。

編集したespにチェックが入っている事を確認して「OK」を押して、TES4Editでの作業は終了となります。

 

3.CSでチェストを作成し装備品をぶち込み、ゲーム内に配置

CSを起動したら、先ほど編集したespを「Active」にして読み込みます。
ロード中に分けの分からない警告が出たら「キャンセル」を押してください。

 

ロードが終わったら、まず最初にコンテナを作成します。
と言っても新規には作成しません。
既にあるヴァニラのコンテナを編集して、新たなIDとして登録します。
理由は、新規に作るとコンテナのメッシュやテクスチャ、開けるときの音、閉めるときの音を設定しなおさなければならず何かと面倒なので、既にあるコンテナの設定をそのまま使うためです。

編集後に新たなIDを現在のIDに上書きするか、別物として登録するか決められるので、別物として登録すれば編集前のコンテナに影響を与えません。
用はコピーと同じです。
オブジェクトウィンドウではコピーという機能がないので、このような方法が基本となります。

 

オブジェクトウィンドウの左側のツリーから「World Object」の左側の「+」をクリックして展開し、「Container」を選択します。

 

オブジェクトウィンドウの右側の画面に、アイテム格納用のオブジェクト(宝箱やサック、タンス等)の一覧がずらっと表示されるので、適当なコンテナを選択し、右クリックします。
するとポップアップメニューが表示されるので、「Edit」をクリックします。

 

すると、コンテナの編集ウィンドウが表示されるので、四角で囲まれたコンテナの中身を全て削除します。

 

コンテナの中身が空っぽになったら、「ID」を「Name」を変更しましょう。
とりあえずIDは「000hentaimania」、Name(ゲーム内で表示されるオブジェクトの名前)は「Hentai Mania」とします。

変更したら「OK」をクリックします。
するとこのようなウィンドウが表示されます。

「IDが変更されました。 新たなIDとして登録しますか?」みたいなことを言っているので「Yes」をクリックします。

これで「000hentaimania」というコンテナが新たに作成されました。

 

次にこのコンテナにアイテムを放り込みます。
今作ったばかりのコンテナの編集画面をもう一度開いてください。
このウィンドウを開いたままの状態で、オブジェクトウィンドウの「Armor」や「Weapon」から追加装備をドラックし、コンテナ内に持っていきます。

まずは親カテゴリである「Item」のツリーを展開し、その中の「Armor」をクリックします。
右側の一覧の「Count」の項目に「*」の付いたアイテムがあります。
それがこのespにより編集または追加されたアイテム(今回は追加アイテムしかありません)なので、それらを選択しドラックして、コンテナ編集ウィンドウに持っていきます(CTRL+クリックで複数選択できます)。

離れた位置にも追加アイテムがあるので、見逃さないように全て移動させます。
「Armor」の項目が終わったら、同じように「Clothing」、「Weapon」からも追加アイテムを移動させます。

結構な数のアイテムがあるので、一つのコンテナに入れる量が多すぎると感じたら、上の手順で複数のコンテナを作成し、小分けにしてもいいかもしれません。

一つのコンテナに大量のアイテムを入れると、ゲーム内でコンテナを開けたときに読み込みに時間が掛かって一瞬ゲームが止まったり、ヘタしたらコンテナの置いてあるセルが重くなるということがあるかもしれません。

追加アイテムを全て入れ終わったら、コンテナの編集ウィンドウで「OK」をクリックします。
これでコンテナは出来上がりです。

また、アイテムを大量に入れるとコンテナ内の総重量がかなり増えてしまうので、コンテナの編集画面のWeightを多めに設定しておきましょう。

100426020522_080 

次に作成したコンテナをセル内に配置するのですが、配置方法はこちらの記事の「5.作成したコンテナを適当な場所に配置する。」を参考にしてくださいm(_ _)m

配置が終わったらセーブしてCSを終了します。
これで追加アイテムのみ抜き出したespの完成です。

 

4.TES4Filesで必要なファイルのみ抽出

現時点で、作成したespはOBのインストールフォルダのDataフォルダの中にあると思います。
なのでまずはこれをコピーしてDLしてきたMODファイルのあるフォルダにペーストします。

わかり難いので画像を参照してください。

またコピーするときは、作成したespのファイル名を変えるか、オリジナルのファイル名を変えるなどして、オリジナルのespに上書きしないようにした方が良いです。

コピーが終わったら、TES4Filesを起動します。

このツールは、ごちゃごちゃしやすいOBのインストールフォルダの中から、特定のespの参照しているファイルを抽出するための便利ツールですが、今回はespから事前にデータを削除しており、不要となったファイルが多数あるので、MOD適用の前にMODファイルの格納されているフォルダ限定で抽出を行い、espが参照していない不要なファイルを取り除き、必要なファイルのみを抽出することに利用します。

TES4Filesを起動したら、「FIND/REFRESH」をクリックします。

 

ディレクトリの選択画面が表示されるので、先ほどespをコピーした先のフォルダを選択します。
ちなみにディレクトリ階層の途中に2バイト文字の含まれるフォルダがあると、読み込めないかもしれません。

フォルダを選択すると、そのフォルダ内にあるespの一覧が表示されるので、先ほど作ったespにチェックを入れます。
チェックしたらエクスポートをクリックしましょう。

下のメッセージ欄にズラーっと文章が流れます。
「EXPORT DONE!」と表示されたらエクスポート完了です。

エクスポートされたファイルは、TES4Files.exeのあるフォルダにあるespのファイル名の付いたフォルダの中にあります。

このフォルダの中身を見てみると、抽出されたファイルとログがあります。

とりあえずエラーログを見てみると、espが参照してるにも関わらず読み込めないファイルや存在しないファイルが結構ある模様。
しかしエラーログに書き出されたファイルのフォルダ階層を見るかぎり、外部のMODを参照していたり、ヴァニラのファイルを参照していたりするのではないようなので、作者がファイルを入れ忘れた、テスト用に一時的に使用した、等の理由が考えられます。

とりあえずスルーの方向で ̄▽ ̄;

 

と、これで作業は終了なので、後は抽出したファイルとespをまとめてOMOD化し適用するだけです。(TES4Filesで抽出した際に作成されたフォルダの中身をそのままOMOD化すればOK。)
これで装備品のみ抜き出したMODはとりあえず完成となります。

 

100426033423_086

こちらは今回のやり方でとりあえず装備品を抜き出すことに成功しました。
いくつかメッシュやテクスチャが存在せずビックリマークが出る装備品もありましたが、おそらくテスト用のデータが残ってるだけなのでプレイ中にCTDでもしない限りそのままでも問題ありません。
気になる人はTES4Editで個別に削除すれば綺麗に出来ます。

スポンサーサイト
関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: OBLIVION MOD

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:Construction Set(CS)弄り

2010.04.26 Mon. 13:05 -edit- Trackback 0 / Comment 7

△page top

Messiah of the Darkness 第2話 ~利用する者~ 

 

「どうだね? なかなか興味深い話だろう」

 

「一方ではメシアと敬われ、一方では悪魔と罵られ殺意すら抱かれている人物」

 

「Dr.Lobecto」

 

「その日記は彼が最後に滞在したと思われる村で、最後の患者となった者の自宅から持ち寄ったものだ。 残念ながら家主は行方不明、そしてロベクト医師もすでにこの村を出た後だったから、直接話を聞くことはできなかった」

 

「彼は自らを"精神外科"と称し様々な研究を行っていたようだが、この日記の少年と、そして囚人の男はロベクト医師に何らかの処置を受けた事は明らかだろう」

 

「それで・・・」

 

「私にどうしろと」

「どうも彼の人物像を洗ってみると、色々と不可解な事実が判明してな。 彼は脳研究において権威とまで言われた人物だが、一部では"狂人"として蔑まれ、医学会を追放されたという噂もある」

 

「メシアと悪魔、彼の真実の姿はどちらなのか。 君には彼の所存を把握し、この謎を解き明かしてもらいたいと思うのだが、どうかね」

 

「その役目が私である理由が不鮮明だ。 調査なら適当な冒険者でも当たればいい」

「それで済むのなら私とてそうしたいところだがね。 だが人選のミスは失敗に繋がる。 そして失敗は大幅な時間のロスとなる」

 

「冒険者というものはどうにも野蛮な輩が多くてな。 必要な情報を的確に知りえるためには聡明で分別があり、そしてあらゆる場面でも冷静さを失わない状況判断に優れた人間が必要なのだよ。 特に、得体の知れない相手の場合はな」

 

「特に今回は国から直接の依頼でね。 私の信用問題として中途半端な調査報告をするわけにもいかん。 だが君ならば先の条件を全てクリアしている。 今回の調査には打って付けというわけだ」

 

「持て囃したところで結局は私を利用しようとしているに過ぎない。 それに、確かな情報が欲しいなら己自身が出向くという選択肢もあるだろう」

 

 

 

「出来れば私も全ての事柄に関わりたいがね。 残念な事に一人の人間に出来る事は限られている。 ゆえに私は人を使う。 多勢を持ってして必要な情報のみを得る事で、効率よく利益を生み出すのが私のやり方だ」

「結構なビジネス論だが、如何なる理由があろうとも、お前に利用されるのだけはごめんだ」

 

「その話は拒否する。 他を当たれ」

 

「クックック・・・、随分と嫌われたものだ」

 

「無論、無償で君を動かせるなどとは微塵も思っていない。 それなりの対価は支払うつもりだ。 考え方を変えれば、君は私という仲介人を利用し利益を得るということになる。 悪い話ではないと思うがね。 それに、ロベクト医師が本当に噂にたがわぬ狂人であり、人々に対して怪しげな治療を繰り返しているのだとしたら・・・」

 

「お人良しの君には放っておく事などできんだろう」

 

「挑発のつもりならば無意味だ。 私が身を投じるのは自らの身に降りかかった災難を払いのける為、もしくは個人的な知的欲求の為。 その結果救われる人間がいたとしても、それは副産物でしかなく、私の行動理由にはならない」

「ほう・・・。 ならば、この事件に興味は?」

「・・・」

 

「ないとは言えない」

 

「・・・まあいい。 今は特にやることがない。 お前の誘いに乗ってやる」

「それは良かった。 君なら必ず興味を持ってくれると思っていたよ」

「だが一つだけ言っておく」

 

「先にも言ったように私の行動理由は個人的な興味だ。 よって私が何かしらの情報を入手したとしてもお前の言う調査に妥当なものかどうかは分からない。 その結果、調査失敗と断定したとしても私には関係のないことであり、それ以上のことをするつもりはない」

 

「私はあくまでも己の意志で動く。 それだけは覚えておけ」

 

「安心したまえ、よく理解しているよ。 その上であえて君を選んだのだ。 むしろ君なら必要以上の情報も掘り下げてくれるであろうと期待している」

 

「フン、称賛痛み入るな」

「ククク・・・、皮肉はよしたまえ。 私は本心で言ったのだよ」

 

 

「ついでにこちらも一つだけ言わせて頂こう」

 

「・・・」

 

 

 

 

 

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2010.04.07 Wed. 18:46 -edit- Trackback 0 / Comment 7

△page top

copyright©2010 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。