OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

ここに該当する記事はありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Labyrinth in tha Mist 第3話 ~霧の迷宮~ 

「クソ、何も見えねえ…」

どのくらい歩いたのか、今どの辺りにいるのか、それすらも分からなくなるほど、霧は深く、歩みを拒むかのように辺りを覆いつくしていた。
指の先すら見えないこの状況で、足元を確認しながらただ日の光を頼りにひたすら歩みを進める。

ゆるい風に吹かれ揺れる木々の音、不規則なその音と、自らが草と小枝を踏みつける音だけが耳に響いてくる。
まるで霧が生命をも飲み込んでしまったかのように、生き物の気配は無い。

 

歩みを進めるに連れて、木々の重なり合う音は後方へ下がりながら徐々に数を減らしていき、密度が下がっていくのが分かる。

やがて前方からの音が途絶え、木々に遮られていた光が広がった。
それは木々に囲まれた森を抜けて、開けた場所へ出たことを意味していた。

しかし未だ霧は深く、視認することが出来ない。

 

「ここは…、何処だ…?」

戸惑いつつもゆっくりと前進する。
すると、まるで彼の到着を歓迎するかのように霧が薄れてゆき、視界が開けると共に、雄大さと、不気味さを併せ持つ巨大なそれが姿を現した。

 

「こ…これが、霧の迷宮…。 本当に在ったのか…」

 

幼少の頃より村の長老に言い聞かされていた言葉が頭の中に鮮明に蘇る。

『もし霧の中に佇む迷宮を見つけても、決して中へ入ってはならない。 迷宮は複雑に入り組んでおり、一たび中に入れば出口を見つける事は愚か、迷宮に住み着く人喰いの化け物に食われてしまうだろう』

最初は子供を怖がらせるための単なる作り話だと思っていた。
だが、以前長老に迷宮の探索を何気なく話した際の、血相を変えて反対する形相を見たとき、それは単なる作り話では無いと確信した。
そしてそれは、今まさに作り話から現実へと変わった。

 

入り口へ近づくと、肌寒さがより一層増したような気がした。
それが心理的な恐怖から来るものなのか、実際に寒いのかは判断が付かない。

 

中を覗き込むと確かに複雑な迷路になっているようだが、規模から見て永遠に出られないというのは大げさのような気がする。
何より空の見えるこの迷宮なら、いざとなれば壁を渡って外へ出られるのではないか。

だが、中へ入るのを躊躇する。
男は明らかに恐怖を感じていた。

自分の実力には自信がある。
実際、オーガやミノタウロスといった上級のクリーチャーにも後れを取らないだけの実力はある。
しかし、長老に刷り込まれた迷宮に対する意識が邪魔をして、なかなか一歩を踏み出せずにいた。

 

「…人喰いがなんだというんだ? どんな化け物だろうと俺が負けるはずが無い…!」

もし敵わないような強敵が現れても、そのときは一目散に逃げればいい。
自らを奮い立たせるように言い聞かせ、恐怖を無理やり払拭しようと試みる。

男は深い深呼吸を挟み、迷宮を見据えた。

「宝を見つけて村を救う…、俺にしか出来ないんだ…」

そして男はついに覚悟を決め、禁区の迷宮の中へと一歩を踏み出した。

 

 

石造りの迷宮は、完成から非常に年月が経っているようで壁は黒くくすんでおり、長年霧に晒されているせいで湿気が多く、水滴が肌に纏わり付くほどにじめじめしている。

 

行き止まりをさけ適当に角を曲がると、その先には当然のように同じような景色がひたすら続いていて、方向感覚すら狂わされてしまいそうだ。

 

当然ながら人の気配は無い。
今のところ人喰いの気配も感じないが、やはり角を曲がるときは突然目の前に化け物がいないかと、妙に慎重になってしまう。
ほぼ強制的ともいえる緊張感を保ったまま、ゆっくりと進んだ。

 

幾度目かの角を曲がった頃、男はふと足を止めた。
前日の夜、村の男と話した内容がなんとなく頭をよぎる。

『中に入ると、"出口が消えて"二度と外には出られない』

まさかそんなことがあるのだろうか?

昨日はほとんど気にも留めておらず流してしまったが、いざ中へ入り、別世界へでも迷い込んだかのような統一された石壁の世界へ入ってみると、その話もありえないことではないのではないかという思いが募ってくる。
出口が消える、それが本当だとしたら…。

 

来た道を一目散に引き返す。
先ほど通ったばかりの道すら分からなくなるほどに、迷宮は景色に変化を見せないものの、道順自体は大体覚えている。
だが、入り口と思われる地点まで戻った彼の目に映ったものは、僅か数分で記憶すら間々ならないほどに方向感覚が狂ってしまったのかと思わせるものだった。

 

 

「バ…バカな…?!」

入ってきたはずの場所の奥には、一面の壁で塞がれていた。
場所は間違っていないはず、確かに男はこの地点から中に入ったのだ。

とはいえ、この迷宮では正確な地点を把握するのは難しい。
ならばと、男は壁に向かって駆け出し、その勢いのまま飛び上がると、壁の頂上へ腕を絡めそのまま腕の力で体を持ち上げた。

仮に記憶違いだとしても、まだ迷宮の深くへは侵入しておらず、少なくとも数枚の壁の先には外界が広がっているはず。
それなら上から見渡せばすぐに分かる。
しかしその行為は、男を更なる絶望に突き落とす結果となった。

 

 

「…ウソだろ」

 


そこは無情の風景。
四方を見回しても、同じような迷路が延々と広がっていた。

 

「クソ、こんなことがあってたまるか…!!」

今更ながら後悔の念が浮かんでくる。
長老の助言を聞いていれば…。

しかし長老の言葉を思い返した時点では、躊躇はしたものの、入らなければならないという使命感に囚われ、引き返すと言う選択肢は最初からなかったことを思い出す。
今更後悔したところで状況は変わらず、男は文字通り後戻りの出来ないところまで来てしまっていた。

 

「村人のみんなが…、アリーセが待ってるんだ…!! 絶対に此処から抜け出してやる…!!」

 

スポンサーサイト
関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.05.30 Sat. 07:51 -edit- Trackback 0 / Comment 9

△page top

Labyrinth in tha Mist 第2話 ~霧に揺蕩う想い~ 

大気中の水蒸気が凝結し、微小な水滴となって空中を浮遊している。
無数の水滴は視界を遮り、先の見えない白の世界を形成すると同時に、大気を冷やし肌寒さを感じさせる。

Mist Villageのいつもの朝の情景。

 

身支度を整える男の傍らで、少女が不安そうに佇みその様子を見ている。
旅立ちの前はいつもこんな気持ちだった。
状況が分からずにただ待っているだけというのは精神的負担が大きく、必要以上に少女を疲れさせている。

男はそれを知ってか知らずか、いつも以上に張り切った様子で準備を進めていた。

「今回は少し遠出してみる。 3,4日は戻れないかもしれないけど、期日までには必ず戻るよ」

少女の不安を煽らないように、笑顔で男は告げる。
だが少女の表情は曇ったまま動く事は無かった。

 

「大丈夫なの?」

男が遺跡や洞窟の探索を始めてからというもの、毎日のように家を開けてはいたが、時間はまばらとはいえ必ずその日のうちには帰宅していた。
数日間家を空けることになるのは今回が初めてである。
男が村一番の剣の達人であり、その強さは誰よりも信頼してはいるが、それでも不安だけは拭う事は出来なかった。

「心配しすぎだって。 この辺の遺跡は探索しつくしたから少し遠くへ行くだけだ」

「でも…」

前日の夜の会話を思い出す。
男は目星を付けた場所があり、そこへ向かうと話していた。
それ自体は問題は無い。
期日が迫っていることもあり、男が情報収集をして、ある程度的を絞ったのだろうと考えても特に不自然な事ではなく、むしろ当然かもしれない。
しかしその時男が不意に見せた、決意に満ちた表情を少女は見逃さなかった。

どこか危険な場所へ向かうのでは…。

当然古い遺跡や洞窟は、モンスターや野盗が住み着いていることもあり、危険である事には変わりは無いのだが、言葉では言い表せないような漠然とした不安が、少女の心に圧し掛かっていた。

 

「何がそんなに不安なんだ?」

「分からない…。ただ、何となく貴方が…何処かへ行ってしまいそうな気がして…」

「俺が何処へ行くって言うんだ?」

「分からない…。 分からないけど、怖い…」

少女の瞳から涙が零れ落ちる。
男は軽くため息を付いた後、すすり泣く少女の体を引き寄せると包み込むように優しく抱きしめた。

「安心しろ、今回の探索で最後だ。 時間的にもギリギリだろうし、それで宝が見つからなければ俺も諦める」

「本当?」

「ああ、本当だ。 それと、お前に言っておく事がある」

男は少女を抱きしめていた腕を緩めると、その両手で少女の両肩を掴み、真っ直ぐに見つめた。
少女も戸惑いながらも男を見つめ返す。

「今回の探索が終わったら…俺と結婚してくれないか?」

「え…?」

突然の予想だにしない言葉に一瞬事情が飲み込めず、目を見開いてきょとんとしている。
男は何も言わずにただじっと少女を見つめていると、やがて男の言葉を理解した少女の顔が徐々に崩れ、その瞳に再び涙が溢れ出した。

「…ったく、また泣くのかよ」

男はわざとらしくため息を吐いて見せた。

「ごめん…。 でもずっと待ってたから、嬉しくて…」

涙を拭う少女の顔からは、笑顔がこぼれていた。

「なるべく早く戻るから、だから少しの間家を空けるのを許してくれ。 "独身最後の冒険"ってやつだ」

「…まあ」

少女はクスクスと笑う。
それを見て男も安心したように笑った。

 

 

 

 

 

「気をつけてね。 絶対…、戻ってきてね」

「当たり前だ。 それじゃ、行ってくる」

 

 

霧の奥へと消えていく男を、少女はいつまでも見つめていた。

 

 

「……よし」

そして男は…、"禁断の地"へと足を向ける…。

 

 

 

 

 

 

 

ある程度の文明レベルを持っているゴブリンは、人を食わない。
また、野生動物やトロール、オーガなどの肉食のモンスターは、わざわざ肉を焼いて食うなどという器用な真似はしない。
腹が減っていれば間違いなくそのままかぶり付くだろう。

となると、残るは異界(Oblivion)の悪魔か、それとも…。

 

「……」

 



ブルースクリーンに怯えながらなので画像少な目です^^;

どうもグラボの熱暴走の疑いが出てまいりました。
フィルターを綿棒で掃除して、本体のカバーを外した状態でやってみましたが、何とかブルースクリーンは出ませんでした。
たまたまかもしれませんが…。
ハッキリと原因が分からないのが嫌ですね(≧_≦;

あ、アドバイスをくれた方、どうもありがとうございました!m(_ _)m 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.05.28 Thu. 13:32 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

ブルースクリーン多発!! 

困りました(´・ω・`)

STOP:0x000000B8 (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000 0x00000000)

OBプレイ中のみこんなエラーが出ます…。
今までこんなことなかったのになぁ。

MODが原因でブルースクリーンが出ることってあるのでしょうか?

だとすると、前回の「 Devil's Whisper 」撮影時は一切なかったので、今回撮影用に導入したMODに原因があると考えられますが…。

入れたのは村追加MOD1つと、自作の迷路だけなんですが…。
でも自作迷路は、街一つぶっ壊して(外観)そこに作ったので、もしかしたらそれが原因かも。*゚(PД`q゚)゚*。
(平地が無かったもので…)

とりあえず外してやってみますが、また出たら嫌だなぁ。

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:四方山話

2009.05.28 Thu. 01:53 -edit- Trackback 1 / Comment 1

△page top

Labyrinth in tha Mist 第1話 ~霧の夜~ 

シロディール南東に位置する、地図に無い小さな村、「Mist Village」。

 

「全部で2000Gくらいね。 明日、街へ売りに行くわ」

カウンターに積まれた武器、防具、鉱物といった品々を勘定し終え、少女は向かい合う男に労いの笑顔を向ける。

「2000Gか、意外と少なかったな」

男は頭を掻きながら苦笑い。
素人の目算ではもう少し多く見積もっていたが、あてが外れ僅かに肩を落とす。

「何いってるの、大金じゃない!」

確かに2000Gは個人にしては大金である。
しかし男の目的を果たすためには、2000Gという大金もはした金に過ぎなかった。
そして少女もそれは理解していたが、男の努力を蔑ろにする事は出来ず、大げさに喜んで見せた。

「とは言っても、この土地を買い取るには全然足りないな」

男は深いため息を付く。

人口100人ほどの小さな村。
地図にも載っていないこの村の村人たちは、農業と民芸品を中心に慎ましく生活していた。

旅人も訪れないため無駄ないざこざを持ち込まれることも無く、平穏無事な生活が続いていたのだが、領主の一存によりこの村は消え去ろうとしていた。

 

「あと1週間でここはどっかの訓練兵の演習場になっちまう。 あのクソ領主からこの土地を買い取るにはまだまだ足りないよ…」

男は悔しそうに唇を噛んだ。

 

「フリード、あまり無理をしないで。 あなたが村の為にがんばってくれるのは嬉しいけど、最近疲れてるみたいだし、それに…」

この調子ではもはや納期までに金を集める事は不可能。
少女はそう言い掛けて言葉を飲み込み俯いた。

「心配ないって! 冒険は慣れてるし、お化けやモンスタ-なんかに俺はやられたりしないよ。 農産物や民芸品の収入では生活するだけで精一杯だし、俺が遺跡を回って宝を集めてくるのが一番合理的だろ」

少女の言おうとした言葉をすぐに男は悟った。
それは男自身も同じ事を思っていたからに他ならない。

同時に、自分に気を使って発言を避けた少女の心情を察し、心配させまいとあえて豪快に笑って見せた。

「それとも、俺が信用できないのか?」

「そんなことはない。 貴方はとても強いし、貴方の事はいつも信じているわ。 でも…、恋人が毎日傷付いて帰ってくる姿を見るのは辛い…」

それは事実だった。
信じているとはいえ、もし何かあったらと考えると居ても立ってもいられず、仕事が上の空になることもしょっちゅうだった。
とはいえ何もすることが出来ないのも事実であり、少女は毎日不安と戦いながら彼の帰りを待っていた。

「安心しろ、アリーセ。 あと1週間でとんでもない宝を見つけ出して、みんなを驚かせてやるからよ!」

再び男は豪快に笑った。

 

 

 

 

 

「…とは言ったものの」

 

「この辺りの遺跡や洞窟は全部周っちまったし…、遠出するにも納期までに戻れるか分からない。 何よりそれでイモ引いたら最悪だ、どうしたもんかねぇ」

 

「ははは、弱気だな。 お前らしくも無い!」

「そりゃ、たまにはな」

 

「まあ、あまり無理はするな。 別にこの村を離れる事になっても誰もお前を責めたりはしないよ。 いや、むしろあのクソ領主相手に最後まで戦った男として称えてやりたいね。 俺たちはお前と違って、ただ追い出されるのを待ってるしか出来なかったからな」

「でも、みんな契約書にはサインしてないんだろ? だったらまだ諦めるわけにはいかないね。 最後の最後までやり通して見せるよ」

 

「一つだけ…、この付近でまだ散策していない遺跡がある。 と言っても、実際に存在するのかどうかは分からないし、話に聞いただけなんだが…」

「まさか、それって…」

「ああ、この村の奴らなら誰でも知ってる。 "霧の迷宮"さ」

 

 

「この密林地帯のどこかにあると言われている、深い霧に覆われた謎の迷宮」

 

「そのとてつもなく広大な迷宮の何処かにものすごい宝が眠ってるそうだが、宝に魅せられて迷宮に入ったものは数あれど、誰一人として戻ってくるものはいなかった」

 

 

 

 

 

「単なる伝説か御伽噺かは知らないが、探してみる価値はあると思うんだ」

 

「ま、待てよ…! 村長が言ってただろ? 仮にその迷宮を見つけても絶対に中に入ってはいけないって。 何でもあの中には"人喰い"が住み着いてるっていう話だ…」

「ああ、ガキの頃から散々言われたよ。 でも人喰いって何だ? 言っておくがトロールやオーガ程度じゃ俺はやられたりしないぜ」

「た、確かにお前は強いからな…。 でもそこだけはやめておいた方がいいぜ。 一度中に入ると出口が消えて二度と出られないって話も聞いたし、いくらお前が強くても帰って来られなかったら意味が無いだろ?」

 

「それに…、これ以上"未来の奥さん"を悲しませるなよ」

 

「…どういう意味だ?」

「しらばっくれるなって。 アリーセと結婚するんだろ?」

 

「ちっ、ハイリッヒの野郎、しゃべりやがったか…」

「全く、うらやましいぜ! かわいい上に性格も良い、うちのかみさんとは大違いだな」

「でもジーナさんの料理は最高だと思うけどな。 毎日あんな旨い物食えるあんたも十分うらやましいよ」

 

「ははは、あんまり気を使うなって。 それで、いつ結婚するんだ?」

 

「いや、まだプロポーズはしていない。 村がこんな状態だからな。 とりあえずこの騒ぎが済んで落ち着いたら申し込むつもりだ。 願わくば…」

 

「この村で…そして村のみんなに囲まれて式を挙げたいけどな…」

「…ああ、そうだな」

 

「それじゃ、俺はそろそろ帰るよ」

「ああ」

 

「フリード」

 

「いいか、さっきも言ったが、絶対に迷宮だけはやめておけよ。 実際宝があるのかどうかも分からないんだし、それこそ時間の無駄だ。 大丈夫、たとえみんなバラバラになっちまっても、お前たちの結婚式には駆けつけるからよ」

 

「…ああ」

「良かった、じゃあな!」

 

「……」

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.05.26 Tue. 04:24 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

Labyrinth in tha Mist 序章 

「号外ー! 号外ー!!」

 

 

『脅威!! 人喰い現る?!』

『昨日、インペリアルシティの周辺で、何者かに肉を喰い荒らされたと思われる無残な人間の死体が発見された。

死体の数は既に5つにのぼり、それらは全て頭部を除いた全てが捕食された痕跡を残している。

中には火で焼いたと思われる焚き火の後も残っており、主にネズミを焼いて食べる事のあるゴブリンの仕業とも考えられるが、彼らに人間を食べる習慣は確認されておらず、未知の知的モンスターの可能性も危惧されている。

現在インペリアルシティのガードたちが調査中ではあるが、正体不明の捕食者は未だ発見されていないようだ。

ガードたちは周辺住民に注意を呼びかけると共に、"彼"もしくは"彼ら"を見かけた場合は直ちに報告するよう呼びかけている』

 

「……」

 

 

 

「霧が深いな…」

 


間が開いてしまいましたが、なんとかなりそうなので書き始めます。
とりあえずは導入部ということで…( ̄▽ ̄;)

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2009.05.24 Sun. 02:16 -edit- Trackback 0 / Comment 6

△page top

copyright©2009 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。