OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

ここに該当する記事はありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Mr. Darkness & Mrs. Moonlight 第7話 ~14番目~ 

 

「お、王子様ですって・・・?」

 

ツインテールは軽い深呼吸を挟み、周りの状況を今一度確認する。
適度な広さの室内におよそ高級だと思われる家具一式に豪華なシャンデリアは、まるで王宮の寝室か、または貴族の豪邸を思わせる。
そして目の前に佇む"王子"と名乗るこの男。
フードこそ外しているものの、闇に溶け込むような不気味な黒いローブと陰湿な雰囲気はよく覚えていた。

「あなた、昨日の・・・!!」

唐突に起こった昨夜の事件が鮮明に蘇ってくる。

少女に近づいた男は、無言で少女の手を引き、外へ連れ出そうとした。
それを拒んだ少女は手を振り切ろうとしたが、男は強引に腕を引っ張り少女の体を自らに寄せると、手のひらで少女の口を覆った。
魔法か、または薬の効果かは分からないが、少女の意識は徐々に遠のいていき、気が付けばこの場にいた。
誘拐されたのだと気付くには時間は掛からなかった。

「・・・どういうつもり? 言っとくけど、あたしは"帝都のアイドル"って言われてるのよ。 こんなことしたらきっと大騒ぎになって、あんたなんか即ブタ箱入りよ!」

男は無表情のまま少女を見つめる。

「ムーンライト、そのような下品な言葉は感心しない。美しい君には似合わないよ」

「あたしはムーンライトじゃないってば! 昨日だってそう言ったのに強引に連れて行くなんて・・・耳腐ってんの?!」

しばらく少女をまっすぐ見つめていた男だが、やがて小さなため息を付いた。

「やはり、まだ記憶が戻っていないようだね」

「は・・・?」

「1000年前にめぐり合ったこと、愛し合いこの城へ移り住んだこと、そして・・・」

 

 

「教えてあげよう。君が今どんな名で呼ばれているのかは知らないが、君の本当の名は"ムーンライト"。1000年前、病で命を落とした女性の転生した姿だ」

 

「な・・・何言ってるの・・・?!」

"イカれてる!"。 少女は真っ先にそう思ったが、口には出さなかった。
男の表情を見る限り、それは単なるジョークや駄弁ではなく真剣そのものだったからだ。
ストーカーという言葉が少女の脳裏をよぎる。 刺激すれば何をするか分からない、少女はそれを雰囲気で感じ取っていた。

「以前の君が失われてから約100年・・・また君が生まれてきてくれて本当に嬉しいよ。 それに・・・"14番目の君"は、今までで最も美しい・・・」

「14番目・・・?」

 

「来たまえ、君のお気に入りだった物を見せてあげよう。 もしかしたら記憶が戻るかもしれない」

現状を把握しきれていない少女は今男に逆らうのは得策ではないと考え、不安は感じるものの男に付いて行く事にした。

 

 

(なんなのよ、このナル男・・・転生がどうのこうのとか、そんなの知るかっての! ストーカーに纏わり着かれるのはアイドルの宿命なのかもしれないけど・・・。 変に刺激して逆上されても困るし、隙を見てサッサと逃げ出そう!)

 

 

「そのドレスは"始まりの君"のお気に入りだ。 二人で愛を語り合う時はいつもそのドレスを纏っていた・・・」

 

 

「・・・寝てる間に乙女の服を脱がすなんて最低だわ」

「ふふふ、怒らないでくれムーンライト、別にどうこうしようとしたわけではないよ。君には俗社会の薄汚れた服などよりも、清楚で美しいそのドレスを纏っていてもらいたいんだ」

「・・・」

少女は気に食わなかった。
勝手に服を取り替えられたことも去ることながら、少女にとっては自己主張の一つであるファッションを否定され男の感性を無理やり押し付けられたのでは、人格を否定されたのと同一ではないか。
自分のことを一人の人格者ではなく、美術品か何かのように扱われているような気がした。

 

 

「こっちだ、ムーンライト。君のために作った、君だけの箱庭だ」

促されるままに扉を開ける。。。

 

「す、すごい・・・」

 

 

 

 

「おとぎの国みたい・・・」

 

 

 

 

「二人だけの世界、二人だけのエデンだ。 これから僕たちは共に永遠の時を刻む・・・。大丈夫、誰にも邪魔はされないよ」

 

「気安く触らないで!」

 

「今はまだ気付いていないかもしれない。でも、たとえ過去の記憶をを失ったとしても、ムーンライトの魂はいつでも僕を求めている。 感じるだろう? 湧き上がる感情の躍動を・・・。 拒絶の態度は愛情の裏返しに過ぎないんだよ」

 

「・・・」

 

-続く-

スポンサーサイト
関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2008.11.04 Tue. 03:47 -edit- Trackback 0 / Comment 14

△page top

copyright©2008 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。