OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~

OBLIVIONのロールプレイ日記と小ネタがメインです。
BUCK-TICKを愛して止まないので作中にBUCK-TICK語録が多数出てきますが、BUCK-TICKとは何の関係もありません。

ここに該当する記事はありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Laughterphobia ~笑い恐怖症~ 前編 

「兄ちゃん、3連続で予想的中とはツイてるな! ホラ、賞金の500Gだ!」

「ああ、ありがたく頂く」

 

「おいおい、そっけないやつだなぁ。今日は相当稼いだだろ、もっと笑えよ! ははは」

「なぜだ?」

「何故ってあんた・・・賭け事でこんだけ勝ったら普通笑いが止まらんだろうに。嬉しくないのか?」

「いや、確かに嬉しいが別に笑う必要はないだろ」

「なんだ、つまんねーヤツだな!」

 

今日は帝都名物の闘技場で賭けをしてみた。
結果はご覧の通り3戦全勝、負け無しだ。

あのおっさんの言うように確かにうれしいことではある。
だが、何もわざわざ笑顔を作る必要はないのではないか?

第一、"笑う"ということは、俺の認識では楽しいことでもなんでもない。

そう、笑うという事は・・・

 

 

 

先日、俺は物心ついた頃から笑ったことが無いと言ったが・・・
厳密に言えば、たった一度だけ大爆笑というものを体験したことがある。

そう、それはくすぐりマッシーンに掛けられたときだ。

一向に笑わない俺に業を煮やした大人たちが持ち出した最終兵器・・・
今思い出すだけでも背筋が凍りつく思いだ。

 

あの時は、それまで体の中に溜め込まれていたエネルギーを一気に放出するかのように、息をする間もないほどに笑い続けた。
お陰で呼吸困難に陥り、しばらく意識を失っていたほどだ。

それ以来、俺はただ笑わないのではなく、笑いに対して強い恐怖心を持つようになった。

そして誓った、笑うということがあれほどまでに苦しく辛い行為なら、俺は金輪際決して笑うまいと!

俺をおかしなヤツだという奴もいるが、正直、あんなに苦しいことを好き好んで求める奴らの方がどうかしている。
死の危険を孕んでまで、何故笑いを求めるのか理解に苦しむ・・・。

とにかく、他人がどう思おうと構わんが、俺は絶対に笑うことはない。
この先ずっとだ。

 

 

 

 

 

 

ケンカか?

闘技場での男たちの熱い戦いを観戦して血が滾ったか。
少年とはいえ男なら無理も無いことだが・・・

子供同士のケンカならさほど危険は無いだろうが、もしもという事もある。
ここは止めに入るのが賢明か・・・

 

 

 

 

 

 

こんなアクロバティックなケンカは初めて見た・・・
中国雑技団の団員か?

生まれてこのかた、何を見ても面白いなどと感じたことの無い俺が、予想だにしない光景に危うく噴出しそうになってしまった。
笑えば命を失うかもしれないと言うのに、危ない危ない・・・。

しかしあれはケンカというよりもプロレスごっこに近い。
いや待て、1人の少年が一方的にやられている所を見ると、ひょっとしたらイジメかもしれん。

それも、遊びと称した厄介なイジメだ。

注意すれば恐らく、「え? おれたちただ遊んでるだけだよ? な!」「う・・・うん」と、やられている側の気持ちをまるで理解していない言葉が飛び出してくるに違いない。

このようなイジメを放置しておくことで、それが第2、第3のイジメに繋がることになる。
早急に止めに入ったほうが良さそうだ。

 

 

 

イジメかどうかは、あの少年の顔を見ればすぐに見極めることが出来る。
もし一方的にイジメられているとすれば、彼はきっと涙ながらに助けを求めているはず。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故だ・・・イジメられているのではないのか?
傷だらけになりながらも、何故俺の方を見ながらあんなに得意げな微笑を浮かべているんだ・・・。
人間という生き物はそこまでして笑いを追及するものなのか・・・?

理解不能だ・・・俺の理解を遥かに超えている・・・。

 

それにしても、イジメの現場を目撃してこんなこと言うのも不謹慎だと思うが・・・

 

 

 

あの微笑に釣られて俺まで笑ってしまいそうだ・・・。
もはや俺を笑わすための演出としか思えん。

こんな面白い状況、おそらく俺以外の人間が目撃したらとっくに笑い死にしているだろう。
面白いという感情が欠落している俺だからこそ堪えられているようなものだ。

何故、何故彼は何故笑顔なんだ。
殴られすぎて頭がイカレてしまったのだろうか・・・?

人間、真に恐怖を感じるともはや笑うしかないと聞いたことがあるが・・・もしかしたらあの少年もそういう状況なのかもしれん。

俺のほうを見ているのは、きっと彼なりに懸命に助けを求めているからだろう。

となると、面白がっている場合ではない。
俺が今、命の危険に晒されているのは確かだが、彼もまた底知れぬ恐怖を感じているはずだ。

 

躊躇している暇は無い、少年を助けなければ・・・
イジメをやめさせなければ・・・!

 

 

 

 

ワタリテツヤの運命や如何に!!

スポンサーサイト
関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2007.11.29 Thu. 12:24 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

くちなしの花 

 

 

俺の名はワタリテツヤ、通称"クチナシ"だ。
マスクをしているが別に風邪を挽いている訳ではないし、口が無いから隠しているというわけでもないので安心してくれ。

 

クチナシという通称と、この漆黒のマスクには理由がある。
そう、曰く付きというヤツだ・・・

物心がついた頃から、俺は"笑った"という記憶が無い。

明らかに他の子供たちとは違う俺を心配した大人たちは、世界中から大道芸人を呼び寄せ、なんとかして俺を笑わせようと必死になっていた。

あの時は見ている野次馬が笑い死にしかけて大変な騒ぎになったが、それでも俺は口一つ開かなかった。

 

そんな俺を見て大人たちは、俺の口は口無しのバケモノに呪われていると言い出した。

そして、その忌まわしき口を覆い隠すためにマスクの着用が義務付けられた。

 

正直、今となっては故郷の人間たちも細かいことは忘れていそうだし、今更こんなマスクを付け続けなくてもいい様な気はするが、長年着用していただけに、このマスクを含めて俺だと認識されている。

逆に外すと、一瞬誰だか分からないが少し経ってからハッと気が付き、しかしそのことに付いて触れるべきかどうか迷いあぐね、様子を伺いながら慎重に会話をしてこられそうな、なんともいえない気まずい雰囲気になりかねない。

何より、俺自身がこのマスクに愛着が沸いていて、今更外す気にもならない。

そんなわけで、あれから20年が経過した今も、俺はマスクを掛け続けている。

 

 

しかし、人は何故笑うんだ。

面白いからか? 楽しいからか? 嬉しいからか?

 

 

多少はそういう気持ちになったことも無いわけではないが、わざわざ笑顔を見せるほどでもないし、声を上げて笑うなど持っての他だ。

くだらないことで笑っているやつは、本当に面白くて笑っているのだろうか。
作り笑いじゃないのか?

第一、この殺伐とした世界で笑うことなど何の役にも立たない。

 

必要なのは生きていくための狡猾さと力。

笑いなどに労力をついやする暇があるなら、鍛錬でもしていた方がましだ。

そう思わないか?

 

これからも俺は決して笑うことはないだろう。

 

俺には"面白い"という感情そのものが欠落しているのだから・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2007.11.26 Mon. 00:00 -edit- Trackback 0 / Comment 15

△page top

ハネッコプレイOBLIVION版パロディ集 『金の斧 銀の斧』  お・ま・け。 

「冗談は置いといて・・・お嬢ちゃんを待っていたのは他でもない。実はこれを渡すためなんだ。私からの粋な計らいだよ(^^」

「・・・泉の底で待つな」

 

マーティンは懐から細く丸めたスクロールを取り出し、羽っこさんに差し出しました。

「これは?」

「開けてからのお楽しみだ(^^」

羽っこさんは怪訝な顔をしつつも、それを無愛想に受け取りました。

「おっと、もうこんな時間か・・・私はそろそろ行かなくては。ラブリーに想ってくれている友とクマたんが、首を長くして私の帰りを待っているのだ。洗濯物も取り込まなくてはならない」

マーティンは羽っこさんに背を向けると、再び発光し始めました。

 

「名残惜しいだろうが・・・これもまた人生・・・」

「いや、別に・・・」

 

別れを惜しむ羽っこさんをよそに、マーティンの姿はあっという間に消え、辺りは音の無い世界に包まれました。

その静寂の中、羽っこさんはふとあることを思い出しました。

 

結局羽っこさんは自ら泉に潜り、鎌を回収しました。

 

 

 

 

 

「結局なんだったんだ、あのオッサンは・・・」

家に戻った羽っこさんは、濡れた服を着替えベッドへ向かいました。

 

「この世界は妙なオッサンが多い・・・ん?」

 

マーティンから受け取ったスクロールがデスクの上に置きっぱなしにしてあることに気がつきました。

羽っこさんは徐に手を伸ばし、そのスクロールをゆっくりと開いてみました。

 

「・・・あのオッサンが描いたのか」

 

 

 

 

 

 

 

マーティンからのプレゼント、それは一枚の素敵な絵。

 

 

 

ハネッコプレイOBLIVION版パロディ集 『金の斧 銀の斧』 完

 

 

 

 

上の絵は以前Miariさんから頂いたものです。
こんな形になりましたが紹介させていただきました。
羽っこさんの両性的な雰囲気か出ていて素晴らしい!!
Miariさん、ありがとー!!

 

 

 

 


撮影に散々手間掛かったのにねぇ。

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2007.11.25 Sun. 00:17 -edit- Trackback 0 / Comment 6

△page top

ハネッコプレイOBLIVION版パロディ集 『金の斧 銀の斧』 lain味 

フジョシプレイ様の記事、「フジョシプレイOBLIVION版童話集 『金の斧 銀の斧』」のパロディです。

あるところに、ハネッコアサシンの羽っこさんというちみたんがいました。

羽っこさんは今日も無愛想にモンスターと戦っていました。

 

オーガは手強い相手。

羽っこさんは苦戦していました。

動きを鈍らせようと、オーガを湖に追いやって戦う作戦に出ました。

 

愛用の大鎌を振り回し、巨大なオーガに挑みます。

得意の鎌捌きでモンスターの体力を削り、ようやく倒したっと思った瞬間。

すっぽーん

 

「あ・・・」

手が滑り、大事な大鎌は池に飛んでしまい、水の中にぽちゃっと落ちてしまいました。

愛用の大鎌は、あっという間に池深くに沈んでいきました。

 

「・・・まずい」

羽っこさんは困ってさらに無愛想になりました。

大鎌は長年愛用してきた大事な武器で、これが無いともう戦うことが出来なくなってしまうからです。

困っていた羽っこさんの前に、突然池から声が聞こえました。

「お嬢ちゃん、案ずるな~」

声がした方を見ると、光輝く人物が池の中から現れました。

「む?」

 

 

「ん? 私を知らない? ははは、この世界では一番有名な私を知らないとは残念だな。 もしやお嬢ちゃんは宇宙人か何かかな?」

「・・・」

「まぁいい。それよりお嬢ちゃんは今、泉に何か落し物をしただろう。私が拾ってきてあげたよ(^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
羽っこスキル ボケ被し

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: Oblivion

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION ロールプレイ日記

2007.11.23 Fri. 16:53 -edit- Trackback 0 / Comment 8

△page top

[MOD Bab]継ぎ接ぎMOD。Lain Clothes BAB。 

MOD紹介は下部です。

 

Bab物語 ~女ですもの~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

■Lain Clothes BAB

更新するにも面白い話が全くといっていいほど思いつかないので、既存装備の組み合わせで作った装備MODを公開します。

BAB専用です。使用にはBAB FINALの導入が必須となりますのでご注意ください。

バァさんの着用画像だけではなんなので、羽っこさんによる参考画像↓

 

 

 

注:全部同じ装備です。

 

MOD導入後はImperial City Market District の Divine Elegance で販売されます。
装備品名は「Lain Short Coat & Skirt Black」です。

気が向いたら使ってみてください^_^;

関連記事

にほんブログ村:PCゲームランキング

テーマ: OBLIVION MOD

ジャンル: ゲーム

カテゴリ:OBLIVION Bab関連MOD紹介

2007.11.19 Mon. 01:15 -edit- Trackback 0 / Comment 7

△page top

copyright©2007 OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。